当ブログのおすすめをご紹介します。

2018年4月 ネットバンク定期預金金利ランキング

2018年4月1日時点のネットバンクの普通預金や定期預金の金利情報をまとめます。

今月は4月ということもあり、新生活を送ることになる社会人の方や学生さんなども、新しく銀行口座を作ろと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。残念ながら、預金金利自体は、日銀によるマイナス金利政策によってかなり低く抑えられている状況が続いています。

金利だけを見れば最善手はイオン銀行または楽天銀行の普通預金という状況が今後も継続しそうです。

続きを読む

ネット証券での株式投資を一元管理できるツール マイトレードの評判と活用方法

株式投資をしている方で、自分の投資の結果がどうだったのかを後から振り返りたいという方も多いと思います。売買のタイミングは適切だったのか?もっと持っておいた方がよかったのか?もっと早くロスカットすべきだったのか?など。

そんな自分の株式投資を振り替えることができるツールとしてNTTドコモ連携しと株式会社テコテックが開発した無料ツールが“マイトレード”というアプリです。

株式の個別銘柄を管理でき、その投資状況の確認だけでなく過去の取引の結果や履歴までチェックできます。さらに、そのデータを複数の証券会社と連携も可能です。基本無料で利用できるアプリとなっており、おすすめです。

>>マイトレード公式ホームページ

続きを読む

SBI証券と楽天証券が株の売買手数料を2017年12月値下げ

大手ネット証券の中でも最大手ともいえるSBI証券と楽天証券がそろって、国内株の売買手数料(現物株・売買都度)を引き下げました。

最近は歩調を合わせることが多い、SBI証券と楽天証券ですが、今回も完全に合わせてきました。どちらも50万円以下の株の少額取引の手数料を引き下げる形となっています。

続きを読む

ビットコイン・仮想通貨の取引所・販売所を徹底比較

ビットコインを始めとした仮想通貨、盛り上がっていますね。

バブルを懸念する声も出ていますが、仮想通貨というシステム自体は将来性も感じられますよね。ビットコイン以外にもアルトコインと呼ばれる数多くの仮想通貨が取引され、日本でも売買しやすい環境が整ってきました。

今回はビットコインを始めとした仮想通貨を買うときに必須ともいえる日本国内の仮想通貨取引所・販売所を比較していきます。

続きを読む

三割高下に向かえの意味

相場格言の一つに“三割高下に向かえ”というものがあります。この格言は株などを売買するときのタイミングについて指摘するものです。買った株について、3割(30%)上昇すればとりあえずは利食い(利益確定)をしなさいというもの。もう一つの意味は、高値から3割(30%)も下がった株であれば、買ってみてはどうか?という意味になります。

この3割という部分は正直言って明確な意味があるわけではなく、この格言は買いのタイミング、売りのタイミングについてルールを決めておく重要性を述べています。

続きを読む

2017年11月 住宅ローン金利比較ランキング

2017年11月1日時点の住宅ローン金利を比較していきます。住宅ローン金利は引き続き低金利の状況が続いており、新規にローンや借り換えローンを検討している方にとっては、ボーナス的な状況が続いていますね。

続きを読む

2017年11月 ネットバンク定期預金金利ランキング

2017年11月1日時点のネットバンクの普通預金や定期預金の金利情報をまとめます。

普通預金並びに定期預金の金利水準は直近ではほぼ動かないというのがデフォルトになってきております。微妙なキャンペーンのような金利もありますが、0.1%程度の金利水準であり、最善手はイオン銀行または楽天銀行の普通預金という状況が今後も継続しそうです。

続きを読む

マネックス証券、ロボアドを使ったETF投資サービスのマネックスアドバイザーのサービス開始

大手ネット証券のマネックス証券はロボアドを利用した投資サービスであるMonexAdviser(マネックスアドバイザー)のサービスを提供します。

すでにマネックス証券はバンガードやセゾンなどと連携した「マネラップ」のサービスを提供しておりますが、マネックスアドバイザーはこれに続く第2弾のサービスとなります。サービス内容としてはマネラップのような完全自動運用ではなく、ロボアドを利用した資産配分サポートサービスのような位置づけのようです。

今回はそんなMonexAdviserのサービスについて分析していきます。

>>マネックス証券公式ホームページ

続きを読む

楽天証券がMRFの取り扱いが2017年11月10日で終了へ。利息が欲しいなら楽天銀行が必須へ

大手ネット証券の楽天証券が、自社で扱っているMRF(マネーリザーブドファンド)について2017年11月10日をもって終了することを発表しました。MRFは公社債投資信託の一つ絵証券会社における普通預金のようなものとして扱われてきました。

これによってMRFを保有している投資家はすべて決済され、以降は楽天証券への預かり金(無利息)となります。今回はそんなMRFと今後の楽天証券での現金資金の活用についてまとめます。

続きを読む