投資信託

個人投資家が選ぶFund of the Year 2019が発表。1位はeMAXIS Slim全世界株式

毎年恒例の個人投資家(投信ブロガー)が選ぶ、Fund of the Year 2019(Foy2019)が発表されました。ランキング上位はほとんどがインデックスファンドですが、アクティブファンドもランクイン。新顔はベスト20に4銘柄ありました。

参加したわけではありませんが、選出された20銘柄について、私の個人的な思い、感想を述べさせていただきます。なお、イベントを企画、実施、参加された皆様によって個人投資家に寄り添った情報が発信されることに感謝申し上げます。

Fund of the Year 2019 ベスト20位

  1. eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
  2. eMAXIS Slim 米国株式
  3. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  4. <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  5. eMAXIS Slim バランス
  6. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  7. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  8. グローバル3倍3分法ファンド
  9. バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
  10. SBI・バンガード・S&P500 インデックス・ファンド
  11. たわらノーロード 先進国株式
  12. 農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね
  13. eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  14. ひふみ投信
  15. 結い2101
  16. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  17. 野村つみたて外国株投信
  18. eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
  19. 野村インデックスファンド・内外7資産バランス
  20. eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

はい。こんな感じです。リンクになっている銘柄は、つみたてNISAの対象銘柄です。

Fund of the Year 2019選出銘柄の個人的評価

1位のeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)は世界株投資の投資信託です。ベンチマークはMSCI ACWI Index。私もつみたてNISAで絶賛投資中です。2位のeMAXIS Slim 米国株式はS&P500をベンチマークとするインデックスファンドです。

1位、2位は去年の急拡大した米国株投資ブームを象徴しているように思えます。

7位のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは根強い人気ですね。昨今のインデックスファンドの低コスト化の流れを決定づけたように思われます。

8位のグローバル3倍3分法ファンドは2019年に資金をメチャクチャ集めたファンドです。ただ、仕組みはやや難しいので初心者向きではないと思います。こうしたアクティブファンドでコストが安いのは良いと思います。他のアクティブファンドも続いてほしい。

グローバル3倍3分法ファンドのメリット、デメリット。人気の投資信託の仕組みを紹介 2019年に登場した投資信託の中でも一際、注目を集めたファンドは「グローバル3倍3分法ファンド」ではないでしょうか?2019年の...

インデックスファンドの市場は育ってきたので日本にも良質なアクティブファンドが欲しい

私は、基本的に個人投資家はインデックスファンドに投資しておけばよいと思っています。

一方で、こうしたインデックスファンドの指数というのは実際に自分たちで投資判断をしているプロ投資家やアクティブファンドによって形成された指数です。

長期投資に優れ、投資哲学があり信託報酬がインデックスファンド並みとは言わなくてもそこそこ安いファンドが登場してくれば、日本の投資信託マーケットももう一段階レベルアップしそうな気がします。

ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。株や投資に関する情報発信を始めて10年以上、投資歴は15年以上です。実際の経験に基づく役立つ投資やお金に関する情報を発信していきます。