ロボアド

LINEのワンコイン投資はポイント還元が嬉しいロボアド投資サービス

LINEアプリを通じて行える投資サービスの一つに「LINEスマート投資」というものがあります。そのスマート投資で利用できるワンコイン投資というサービスが人気を集めています。その最大の理由は資産運用をしながらポイントも貯まるという事にあります。

いや、むしろその逆?ポイントが貯まる上に資産運用もできる。が正しいかもしれません。そんなお得なLINEのワンコイン投資が儲かる秘密を紹介します。

 

LINEスマート投資(ワンコイン投資)公式ホームページ

 LINEアプリ上で可能な投資サービス

LINEアプリ上で投資できるサービスは大きく二つあります。「LINE証券」と「LINEスマート投資」です。どちらも同じ投資サービスですが、運用しているのは別々の会社となっています。

LINE証券については以下の記事で紹介しましたね。

LINE証券を徹底分析LINE証券はLINEと野村HDが共同で設立した証券会社となります。LINEアプリ上で口座開設や取引が可能となっており、LINEを利用し...

で、もう一つのLINEスマート投資はFolio社が提供している資産運用サービスです。

テーマに合わせて株式投資ができるテーマ投資とワンコイン投資の二種類のサービスを提供していますが、圧倒的におすすめなのはワンコイン投資の方です。

ワンコイン投資は米国ETFに投資をするロボアド投資

LINEスマート投資のワンコイン投資は預けた資金を自動的に米国ETFに分散投資してくれるロボアド運用サービス(投資一任サービス)となっています。

・WealthNavi(ウェルスナビ)
THEO(テオ)

などと同じようなサービスです。投資をしたら米国ETFに分散投資されます。投資先のETFは以下の通りです。株式、債券、REIT、金に分散投資される形です。日本株に偏りはなく世界投資(米国中心)ですね。

WealthNaviなTHEOは運用者のリスクレベルに応じて運用比率を買えたりするようですが、LINEスマート投資のワンコイン投資はそんなことはなく、一律のようです。

なお、投資の手数料は運用残高の1%と他社と同様水準。ただし2020年4月までは無料となっています。

ワンコイン投資の最大のメリットはLINEポイントが貯まること

手段と目的が逆だと怒られそうではありますが、ワンコイン投資の最大のメリットはLINEポイントが貯まることです。

ワンコイン投資の投資資金はLINEの決済サービスであるLINE Payを通じて入金されます。LINEPay残高またはLINEPayのチャージ元銀行として登録している銀行口座からの引き落としとなります。

ただ、このお金の流れはLINE Payのお買い物扱いとなっています。なのでLINEPayの決済ポイントが貯まるようになっているわけです。

参考:LINE Pay(ラインペイ)の使い方と活用方法

前述のようにワンコイン投資はお買い物扱いなので、前月に10万円以上積立をすれば自動的に2%還元となります。つまり、投資額の2%分のLINEポイントが毎回もらえるようになるわけです。

ワンコイン投資は毎週投資で週10万円まで投資可能となっています。つまり月40万円で2%なら8000ポイントももらえます。年間で10万ポイントくらいが稼げる計算になります。

資産運用しながらポイントが貯まるというよりも、場合によっては投資によるリターンよりもポイントの方が大きいかもしれません。そのくらい破壊力のある運用となっています。

以下では、具体的な始め方などを紹介します。まずは「こちら」から口座開設をしましょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)公式ホームページ

口座開設の手続き

口座開設は上記の公式サイトから行います。オンライン口座開設が可能で最短翌日には取引ができるようになります。別途必要になるのがLINE Payの手続きです。銀行口座と連携しておくと便利です。

投資額の設定

ワンコイン投資の積立設定をします。目標などの設定は適当でOKです。始めた日が基準となって、以下毎週投資されるようになります。1週の上限額は10万円までとなっています(なお、最低は500円です)。

投資額はいくらでもいいんのですが、LINE Payのポイント還元を考えると月10万円は(週なら2.5万円)は超えたいところです。月の決済が10万円を超えると2%分のポイントが付きます。それ未満だと還元率が下がります。

売却について

売却はいつでも可能です。17時までの注文なら当日の夜の米国市場で売却されます。ただし受渡日の関係上、出金するには2日~程度のタイムラグがあります。売却した状態だとスマート投資の口座に現金が残っている状況です。この現金は投資に使われないので再投資をする時は、登録している銀行口座(LINE Payの登録銀行)に出金する必要があります。

なお、出金時は300円の手数料がかかりますので、頻繁な出金は控えたほうが良さそうですね。

うまくやればポイントだけでもかなりお得

かなりお得度が高いです。

ただ、LINEスマート投資側もこれだけの大盤振る舞いをずっと続けることはできないでしょう。販促費(広告費)として見ているところかと思いますので、どこかで絞られてくる可能性が高いです。

なるべく早くスタートしてポイントを賢く獲得しましょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)公式ホームページ

 

ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。株や投資に関する情報発信を始めて10年以上、投資歴は15年以上です。実際の経験に基づく役立つ投資やお金に関する情報を発信していきます。