株式投資

暴落相場の赤札銘柄は買い!逆行高銘柄への投資と相場格言

暴落相場の赤札銘柄は買い。というのは相場格言の一つです。赤札というのは株価が上昇している銘柄のことを指します。つまり、この格言はマーケットが全面安(大幅安)の展開の時に、逆行高している銘柄は買いであるという格言になります。

暴落相場でも上昇するということは、強い期待があったり、何かしらの材料があったりするものだという格言です。また、全面安の展開で上昇している銘柄は目立ちますので、注目を集めやすいという意味もあります。

全面安=外部環境悪化

一般的に全面安の展開というのは、個別企業の業績などではなく、経済全体に悪影響を与えるような、大きな外部環境の悪化で起こるものです。

そうした状況でも上昇するというのは、下げないだけの理由があるとみることもできるということになるわけです。

だからといって暴落相場に正面から立ち向かってはダメ

暴落相場の赤札銘柄は買い、全面安相場に逆行高している銘柄には直ちに乗れ、という言葉があるからと言って、暴落時にそうした銘柄に安易に飛び乗るのは危険です。

買われている背景についてもちゃんと調査するようにしましょう。
たとえば、TOB(株式公開買い付け)が予定されており、それによって株価がその価格に収れんしているようなケースもあります。そういう場合は、上昇の見込みは多くないでしょう。

また、暴落相場でも耐えているのは一時的というケースもありますので、投資をするにしても無理のない範囲で、また十分な余裕資金をもって取り組むようにしましょう。

相場下落・暴落で考えたい株式投資の心得相場全体が大きく下落するような中では、どうしても不安になるし心配になるはずです。 ただし、長く投資を続けるとそんな相場の暴落は多く...
ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。株や投資に関する情報発信を始めて10年以上、投資歴は15年以上です。実際の経験に基づく役立つ投資やお金に関する情報を発信していきます。