証券会社

MSV LIFE(マネラップ)のメリット、デメリット。マネックス証券のロボアド

msvlife

MSV LIFE(愛称:マネラップ)はマネックス証券と投資信託大手の米国バンガード社が連携して提供しているロボアド(ロボ・アドバイザー)とETF投資とを組み合わせたラップ口座(投資一任運用)のサービスとなっています。MSV LIFE(マネラップ)は預かった資金を投資家の投資目的・投資資金の性質・投資に対するリスクの考え方などに合わせて、最適なポートフォリオを構築し、自動運用してくれるサービスです。

今回はそんなMSV LIFEの紹介とそれを活用するメリットとデメリットについて分かりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

マネックス証券が米国ETF28銘柄の実質手数料無料化!これはすごい。

zeroetf

大手ネット証券の中でもマネックス証券は米国株を中心とした外国株取引に力を入れてきましたが、2017年2月27日より、米国のETFの株式委託手数料実質無料とする「ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)」というサービスを開始しました。

米国ETFに手軽に分散投資が可能な銘柄も多いのですが、外国株という扱いになるので手数料が高かったのですが、それがこうして実質無料という形になるのは素晴らしいと思います。

続きを読む

松井証券がロボアド活用の投信積み立てサービス「投信工房」を開始

toshinkobo

大手ネット証券の一つである松井証券が、新しくロボアド(ロボット・アドバイザー)を活用した投資信託の積立投資サービスの「投信工房」というサービスを開始しています。投信工房は投資家がとれるリスクの大きさに応じて最適なアセットアロケーションを提案してくれる投資信託サービスです。

取り扱っている(ロボアド対象の)ファンドはいずれもローコストファンドとして人気の高いファンドで、他のファンドラップ系のロボアドと違い管理手数料もかかりません。投資初心者に特におすすめできそうなサービスとなっています。

今回はそんな松井証券の投信工房を紹介していきます。

続きを読む

未成年でも株取引の口座を作れる証券会社のまとめ

what

未成年(20歳未満)の方でも株式投資・株取引用の口座を開設することができるネット証券をまとめていきます。以前はかなり限られていたのですが、2015年に始まったジュニアNISAによって、多くの証券会社で未成年(こども)の証券口座開設に踏み切ったようです。

銀行預金とは違って、株式投資・株取引については損失が発生する可能性があるため、未成年の方が行う契約は親権者の同意が必要となります。そうしたこともあり、成人用の口座と違いいくつかの制約があるケースもあります。

続きを読む

SBI証券のロボアド(WealthNavi for SBI証券)のサービス開始

sbi-wealthnavi

大手ネット証券で続々とサービスを開始しているロボアドとそれを利用した資産運用サービス。ネット証券最大手のSBI証券も2017年1月31日よりサービスを開始しました。

WealthNavi for SBI証券というサービスで、ウェルスナビというロボアド活用の投資サービスを提供している会社と連携した投資一任契約による投資サービスとなっています。海外ETFに対して投資方針に合わせて自動投資してくれるサービスとなっています。

今回はそんなSBI証券のWealthNavi for SBI証券について紹介します。

続きを読む

楽天証券の最強ツール「マーケットスピード」を無料で利用する方法

rakutensecネット証券では自社のユーザー向けに投資ツールを提供しています。中でも大手ネット証券の楽天証券が提供している「マーケットスピード(Market Speed・マケスピ)」は多くの投資家から高い評価を得ているトレーディングツールです。

このマーケットスピード。株取引などのツールとしてだけではなく情報収集用のツールとしても活用できるようになっています。

今回は楽天証券の最強ツールであるマーケットスピードを無料で利用する方法をまとめていきます。

続きを読む

SBI証券が投信マイレージサービスを2017年2月より改善。対象ファンドが大幅増

change-purse-1240012投信マイレージサービスというのはSBI証券が提供している投資信託の保有でポイントが貯まるというサービスです。投資信託は保有することで「信託報酬」と呼ばれる管理コストが発生していますが、投信ポイントサービスはこうした信託報酬の一部キャッシュバックに近い側面があります。

今回はそんな投信保有に関するポイントサービスとして人気が高い「投信マイレージサービス(SBI証券)」が一部サービス内容を改善しましたので紹介します。

続きを読む

SBI証券が米国株取引を改善、手数料の引き下げと米国株貸株サービスの開始

sbisec大手ネット証券のSBI証券が米国株関連のサービスを改善しています。これまではマネックス証券に劣っていた手数料を同一条件とした上で、米国株式に関しても貸株サービスの対象としました。これによって米国株取引におけるネット証券内の優位性がかなり高まりました。

今回の改定を踏まえて、SBI証券の米国株取引について詳しくまとめていきたいと思います。

続きを読む

投資信託の値下げ競争が激化 iFreeシリーズが大和証券投資信託委託から登場

ifree投資信託についての大変良い傾向といえるのが低コストのインデックスファンドにおいて競争が行っており、手数料の値下げが続いていることです。低コストのインデックスファンドについてSMTインデックスシリーズ、eMAXISシリーズ、たわらノーロードシリーズなどがありましたが、2016年9月には大和証券投資信託委託がiFreeシリーズを新規に設定しました。

これによっては販売手数料無料は当然で信託報酬(管理コスト)の引き下げもますます進みそうです。

続きを読む

GMOクリック証券も貸株サービスに参入。大手ネット証券では5社目

gmo-kasikabu大手ネット証券の一角でもあるGMOクリック証券が貸株サービスを2016年10月下旬に開始をします。貸株サービスというのは投資家が保有しているっ現物株式を証券会社を経由して機関投資家などに貸し出すことで貸株金利を受け取ることができるというサービスです。

すでに、大手ネット証券ではSBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券が提供しているサービスなので目新しさがあるものではありませんが、GMOクリック証券は大手ネット証券の中でも総合的なサービスを提供するというよりも手数料コストの安さなどのトレード環境整備に力を入れていた傾向があるので導入を発表した時は少し意外でした。

続きを読む