コモディティ(商品投資)

純金積立ができる証券会社や貴金属店を比較

資産の中でも金(純金)は”有事の金”と言われるように安定資産の一つとされています。資産価値も高く、100g(だいたい指先よりも大きいくらい)でも数十万円します。

そんな純金をコツコツ積立で購入することができるサービスが純金積立です。毎月少額の積立をして純金を買っていきます。

金という商品はそれ自身が収益を生み出すものではありませんが、守りの資産として一定の価値を持ちます。今回はそんな純金積み立てをする意味と実際に投資(積立)をする際の金融機関の比較をしていきます。

純金積立のメリット、デメリット

まず、メリットとしては

  • 毎月数千円単位の小額から投資ができる
  • 定額購入法(ドルコスト平均法)投資が可能

といった点が挙げられます。
金価格はお高いですが、純金積立という方法なら月々数千円単位で始めることができます。また、毎月定額を購入することによるドルコスト平均法投資ができ、平均取得価格を引き下げることができます。

守りの運用である金投資という意味ではこうした運用は最適といえそうです。

あわせて読みたい
ドルコスト平均法による投資のメリットとデメリット 「ドルコスト平均法」というのは、定額購入法とも呼ばれる投資方法で、定額の積立投資の優位性を示す投資手法として広く知られています。...

続いてはデメリットです。

  • 金自身は価値を生み出さない

通常の投資は投資をした先が何らかの価値を生み出し、投資家に対してリターンを生み出します。たとえば株式投資なら投資先の企業が事業活動をすることによって得た利益を配当金などの形で投資家に配分します。

ところが、金投資というものはこうした配分はありません。もちろん、金価格が上昇すればキャピタルゲインを得ることはできますが、金自身が価値を生み出すことはないのです。

純金積み立ての種類と特徴

純金に積立投資をする方法は一つではありません。

  • 純金を直接購入する
  • 投資信託を通じて投資する

という二つの方法があります。

純金に直接投資をする

一般的に純金積み立てといえばこちらを指します。証券会社や貴金属店などを利用して毎月月額○○円という形で積み立て投資をしていきます。投資対象は本物の金で必要な際は、金(金地金の現物)を受け取ることもできます。

なお、購入時には手数料の他、年会費がかかるケースが多いです(特に貴金属店系)。

投資信託を通じて金に間接的に投資をする

あわせて読みたい
純金(ゴールド)に投資できる投資信託で手軽な金投資を始めよう有事の金(ゆうじのきん)と言う言葉があるとおり、金(ゴールド)という実物資産は古来より投資目的でも投資されてきました。金はそれ自身が商業...

投資信託やを通じて金に投資をする方法もあります。投資信託の場合はネット証券では100円単位で買い付けが可能となっています。金価格に連動するように作られた投資信託に投資をする形になっています。あくまでも価格に連動するだけであって純金(地金)と交換することはできません。

二つの純金積み立ての投資方法のメリット、デメリットを比較

この二つの純金積み立て投資はそれぞれメリットがあります。

純金積立はなんといっても、「地金と交換できる」という点が大きいです。毎月コツコツと貯めていきながら必要な時は純金(地金)として資産保全に役立てることができるという点ですね。

一方で金の投資信託に投資をするというのは「コストの安さ」が大きなメリットとなります。純金積立と比較して投資信託は購入にかかるコストが安いです。一方で地金にはできないのであくまでも資産のポートフォリオ上に純金を加えたい方向けですね。

なお、投資信託で買いたいという場合は以下の記事もご参照ください。基本はネット証券で買いましょうね。

あわせて読みたい
投資信託を銀行や証券会社の窓口で買ってはいけない投資の初心者の方や未経験者の方は銀行や証券会社の窓口で投資信託を買ってはいけません。最近は銀行でも投資信託を始めとした投資相談窓口などを...

純金積み立てが可能な証券会社や貴金属店を比較

実際に純金積み立てが可能な証券会社や銀行、貴金属店などを紹介、比較していきます。

純金積み立てというと貴金属店のサービスのような印象もありましたが、最近は証券会社(ネット証券)やネットバンクなどでも扱いが増えてきています。

これらの金投資は現物への投資になりますので、お求めになれば現物(インゴット)として受け取ることも可能です。

金融機関 年会費 購入手数料
SBI証券 無料 2.16%
楽天証券 無料 2.7%
マネックス証券 無料 2.7%
住信SBIネット銀行 無料 1000円につき25円
田中貴金属工業 1,080円 2.5%

コスト的に見ればSBI証券で買うのが一番お得です。年会費無料ですし、購入手数料も安いです。純金以外にもプラチナやシルバーにも投資ができます。

あわせて読みたい
SBI証券で純金投資、プラチナ投資が開始。積立可能で手数料最安値+現物転換もできる(予定) 大手ネット証券のSBI証券が純金投資、純金積立投資のサービスを2017年7月3日より開始します。リアルタイムで変動する金価格、プ...

 

ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。株や投資に関する情報発信を始めて10年以上、投資歴は15年以上です。実際の経験に基づく役立つ投資やお金に関する情報を発信していきます。