カブドットコム証券を徹底分析

カブドットコム証券(通称:カブコム)です。三菱UFJフィナンシャルグループのネット証券です。株の特殊注文(売買注文)が豊富であることや、投資信託に力を入れているのが特徴的といえます。

手数料が高いというイメージがあるかもしれませんが、実はヘビーユーザーも多く手数料の割引もあります。SLA(サービス品質保証制度)など他の大手ネット証券にはない、目に見えない安心も魅力です。

カブドットコム証券ならではのサービスもあるため、大いに活用したいネット証券となっています。

カブドットコム証券公式ホームページ

カブドットコム証券の総合評価・口コミ

口コミでは手数料が高いという評判が立っています。たしかに、表面上の手数料は特に100万円超の売買が高めに設定されています。他の大手ネット証券の「SBI証券」や「楽天証券」と比べると高めに見えます。

一方でネット証券の生命線でもあるサービスの安定性、特殊株注文の豊富さ、カブドットコム証券オリジナルの相場分析サービスなどはネット株取引の上級者からも高く評価されています。

カブドットコム証券のスペック比較

比較的初心者向けの証券会社と言われることが多いですが、より詳しく分析していきたいと思います。

というわけで、カブドットコム証券の評価を以下の3項目について他のネット証券との比較しながら紹介していきます。

  • 手数料水準
  • 取扱商品
  • 投資ツール、投資関連サービス

カブドットコム証券の手数料

売買手数料は売買単位が100万円位までならさほど高くありませんが、それを超えてくると手数料水準はやや高めです。「マネックス証券」と似た感じの手数料体系となっています。

数十万単位で株を売買するつもりの方なら問題ありませんが、数百万単位という方は少し手数料が気になります。この高額取引時の手数料が高めという点がカブドットコム証券最大のデメリットです。

10万円 30万円 50万円 100万円 300万円
約定単位 90円 250円 450円 990円 2790円

※消費税別。

ただし、上記の手数料から様々な手数料割引サービスがあります。

  • シニア割(50歳以上):2-4%割引
  • 女子割(女性の方全員):1%割引
  • NISA割(NISA口座開設の方):最大5%割引
  • auユーザー割::1%割引
  • 株主優待割:0.5%~15%割引(株数・保有期間による)

これらの割引が併用できます。

取扱商品

カブドットコム証券は大手ネット証券として様々な商品を扱っています。特に、投資信託は古くから力を入れています。また、信用取引は一般信用取引でも空売りのポジションが持てる数少ないネット証券となっています。

ただし、外国株式の取り扱いはありません。

  • 国内株式:○
  • IPO:○
  • 信用取引(制度):○
  • 信用取引(一般):○
  • 外国株式:×
  • 投資信託:○
  • 先物・オプション取引:○
  • FX:○

IPO投資でも人気がある証券会社となっていますね。

投資ツール、投資関連サービス

特筆すべき点としては「特殊注文」の豊富さが挙げられるでしょうか。

  • 逆指値
  • 逆指値付通常注文(OCO)
  • プラスマイナス指値
  • リレー注文
  • リバース注文
  • 不成

といったような特殊な株取引(注文)が可能となっています。この辺りはSBI証券や楽天証券といった他の大手ネット証券と大きく差別化できている部分です。システム開発を内製化している強みですね。

また、その内製化にからみ、サービス品質保証制度(SLA)を実施しており、株などの注文時にシステム障害や事務ミスが発生した場合には“元に戻す”ことを表明しています。

トレードツールのkabuステーションの評判も上々です。リアルタイム株価予測などのカブコム独自のツールは、投資先の選定などにも役立ちます。

カブドットコム証券公式ホームページ

カブドットコム証券が向いている人

  • 証券会社のトレード環境の安定性を重視する人
  • 特殊注文を活用した株売買に興味がある人
  • 株主優待投資をしている人(一般信用空売り可能)
  • IPO投資の当選確率を挙げたいと思っている人

などにおすすめです。

マネックス証券について書いた記事一覧

以下は、当ブログでマネックス証券について書いた記事の一覧です。マネックス証券のサービスや特徴、最新のニュースなどを知るのに役立つと思います。