当ブログのおすすめをご紹介します。

外為投資

広がるFXの自動売買。特徴と注意点は?

systre個人投資家が売買するFX(外国為替証拠金取引)において自動化されたプログラムで自動的に通貨を売買するシステム、自動売買が広がっています。システムトレードとも呼ばれるこの取引方法は、従来までプログラミングの知識などが必要でしたが近年は証券会社(FX業者)が投資家向けにプログラミングなどの知識が不要で参加できるツールを相次いで導入し口座数を増やしています。今回はこのFXの自動売買(システムトレード)のメリットや注意点などをまとめます。

続きを読む

レバレッジ取引で必ず理解しておきたいリスク

最近では、極めて高いレバレッジをかけることができる投資が個人投資家にも手が届くレベルで提供されています。このようなハイレバレッジ投資は当たれば大きく、損をするときも大きいという投資です。このようなハイレバレッジ投資をしている方は当然「ロスカット(損切り)」は設定している方が多いかと思いますが、それが間に合わないリスクというものがあります。
今回はレバレッジ取引って何?という方から実際に何らかのレバレッジ投資をされている方まで含めてこのような投資をするときに絶対押さえておきたいリスクについて説明していきます。

続きを読む

外国株式への投資と売買、配当、税金の基礎

外国の株式についても注目を集めています。現在ではネット証券会社等を通じて多くの外国株式に投資をすることが出来る環境が整っています。一方で、外国株式へ投資は国内株式への投資と異なる点もおおく、いくつかの注意が必要なところがあります。今回は日本の証券会社を使って外国株式へ投資をするときの各種ポイントをわかりやすくまとめていきます。

続きを読む

外貨建て商品の「カントリーリスク」

外貨建ての金融商品に投資をするという場合、その通貨の「カントリーリスク」について考えておく必要があります。カントリーリスクというのは相手国の政治や経済等の変化によって負うリスクのことです。相手国の債務状況などのほか、司法制度や政治状況なども含まれます。一般には開発途上国ほどカントリーリスクが高いと言われています。

続きを読む

外貨投資とスプレッド

外貨投資における取引コストとして挙げられるのが「スプレッド」です。スプレッドは為替の買値と売値の差を意味しています。為替レートは原則として「今この値段なら買いますよ」という為替レートと「今この値段なら売りますよ」という為替レートが同時に表示されます。
たとえば、米ドルと円の為替レートで1ドル=78円50銭~60銭というような場合、78.50円で買い、78.60円で売りという売買レートが提示されていることになります。2WAY価格とか二本値とかいろいろ呼び名がありますが、この買い値と売値の差額がスプレッドとなります。

続きを読む

FX投資におけるスワップの意味

FX取引では、外貨投資における「金利」に関する言葉として「スワップ」という言葉が使われます。スワップとは「交換」という意味となります。FX取引は「ある通貨を買って」「別の通貨を売る」という取引になります。「ドル円」の通貨ペアを買うという場合「円を売ってドルを買う」という取引にあたります。このとき、買ったドルの金利を受取、売った円の金利を支払う必要があります。この金利のやりとりをスワップと言います。

続きを読む

ロング(買い)とショート(売り)

投資においてロング(long)やショート(short)という言葉が使われることが多くあります。特に、FXや先物取引、オプション取引などでは、よく使われます。ロングのことを「L」、ショートのことを「S」という略語で呼ぶことも多々あります。今回はこの「ロング」と「ショート」についてより詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む

FXにおける通貨ペアとは何か?

FX(外国為替証拠金取引)においては、取引する通貨は「通貨ペア」という二つの通貨がペアになったものを取引します。FXにおいては円建てでの取引である対円との通貨ペア以外にも外貨と外貨を組み合わせる通貨ペアの取引も可能です。たとえば「ユーロドル」といったように、外国通貨同士の取引も可能です。今回はこの「通貨ペア」というものについてよりわかりやすくまとめて生きたいと思います。

続きを読む

FX取引と理解しておきたい言葉のまとめ

為替投資としてFX(外国為替証拠金取引)に興味を持つ方が増えているそうですが、FXを始めようと思った方の多くはFX取引で使われている言葉に戸惑う方が多いのではないでしょうか?FXでは、「スワップ」「スプレッド」「通貨ペア」「pips」「枚」「ロング」「ショート」といったように様々な専門用語が使われています。理解してしまえばさほど難しい概念ではないのですが、こうした言葉の難しさがFXを「難しい取引」と感じさせているのも事実だと思います。
今回はこれから初めてFX取引を始めようと考えている方のために、理解しておきたい言葉とその意味をまとめて解説していきます。

続きを読む

外貨投資における外国通貨の呼び名・通称のまとめ

外貨投資をするとき、外国の通貨の呼び名ってどのくらい知っていますか?たとえばユーロというとEU圏の通貨ということは知っている方がほとんどだと思いますが、EURって書かれてどこの通貨のことをさしているか知っていますか?答えはユーロなのですが、同じ通貨でも複数の呼び名や略称があったりします。今回はこうした外国通貨の呼び名や通称をまとめていきます。

続きを読む