投資信託

VOE(バンガード・米国ミッドキャップ・バリューETF)の特徴や配当を分析【海外ETFを紹介】

VOEはアメリカの中型バリュー株(割安株)に対して投資をするというETFです。

  • 英語表記:VANGUARD MID-CAP VALUE ETF
  • 日本語表記:バンガード・米国ミッドキャップ・バリューETF
  • ティッカー:VOE
  • ベンチマーク:CRSP USミッドキャップ・バリュー・インデックス
  • 経費率:0.07%

VOEの個人的評価とおすすめ度

バリュー株(PERなどの株価指標で割安と判断された株)に対して投資をするETFです。当然ですが、アクティブファンドではなくCRSP USミッドキャップ・バリュー・インデックスという指数に連動を目指すパッシブ運用です。

個人的な評価としては微妙なところ。

VOEの組み入れ上位銘柄

金融、エネルギー、公共の比率が大きめです。

  1. ニューモント・マイニング
  2. WECエナジー・グループ
  3. モトローラ・ソリューションズ
  4. ノースウェスト・ユーティリティーズ
  5. ファーストエナジー
  6. ウィリスタワーズワトソン
  7. DTEエナジー
  8. エンタジー
  9. アメリカン・ウォーター・ワークス
  10. ハートフォード金融サービスグループ

VOEの組み入れ上位の国

  1. アメリカ:100%

VOEの配当金(分配金)

四半期配当となっています。

  • 2019/9/17:0.4714USD
  • 2019/6/28:0.6060USD
  • 2019/3/29:0.5216USD
  • 2018/12/26:0.7936USD

海外ETF投資のおすすめ証券会社

海外ETFへの投資でおすすめの証券会社は「マネックス証券」ですね。

  • 取扱い銘柄数が約3000とネット証券最多
  • 売買手数料が安い(NISA口座なら無料)
  • もちろん、特定口座対応(税金の計算が楽)
  • 逆指値注文やOCO注文などの特殊注文が可能
  • トレードツール(トレードステーション)が使える

ということで、米国株(米国ETF)への投資のサポート体制が万全です。

>>マネックス証券公式ホームページはこちら

あわせて読みたい
米国株投資にお勧めの証券会社の選び方 米国株取引(外国株取引)は為替の問題や取引時間やトレードツールの問題、税関係の手続きの問題など色々なハードルがあります。 ...
ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。株や投資に関する情報発信を始めて10年以上、投資歴は15年以上です。実際の経験に基づく役立つ投資やお金に関する情報を発信していきます。