国内の株価動向を知るための株価指数のまとめ

国内の株価動向がどのような状況なのかを知るための株価指標や株価指数についてまとめていきます。それぞれがどのような指数・平均でどのような特徴があるのかについてを理解しましょう。
とりあえず、それぞれの指数がどのようなもので、どんな働きをしているのかということは押さえておきましょう。

スポンサーリンク


・日経平均株価
いわずと知れた日本を代表する株価平均です。東証一部の225銘柄の平均株価を示しています。日本を代表する企業の株価平均という側面があります。ただし、値嵩株の影響を受けやすいため、日本株の実体という意味では個人的にTOPIXを見ることの方が多いです。

・TOPIX
東証株価指数。東証一部に上場している全銘柄の株価指数です。日経平均よりもより多くの株価をまとめているのでより実態を示しているといえます。

・ジャスダック指数
ジャスダック上場株の時価総額の合計を指数化した株価指数です。ただし、上場株の中から日本銀行株は除外されています。マザーズ指数と同様に新興市場の相場動向を示す指標として注目されます。

・マザーズ指数
東証マザーズ市場(新興市場)上場銘柄の株価指数。TOPIXと同様に、マザーズ市場上場の全銘柄の時価総額加重平均株価指数。新興市場における代表的な株価指数として見られることが多いです。

・東証REIT指数
東京証券取引所に上場している不動産投資信託(REIT)の全銘柄を対象とした時価総額加重平均指数。不動産市場・市況の株価目安として使われることが多い指数です。

スポンサーリンク