06 August

投資と投機の違いを理解する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

speculation投資と投機、似ていますがイメージは全然違いますよね。投資というとプラスに感じる方が多いですが、投機というとギャンブルというイメージになります。同じ取引であってもやり方によってそれが投資になることもあれば投機になることもあります。株や為替を始めとして資産運用を考えているのであればこの二つの違いについてぜひ抑えておきましょう。

スポンサーリンク

投資は「資本に投じる」、投機は「機会に投じる」

投資はプラスのイメージ、投機はマイナスのイメージをもたれているかもしれませんが、必ずしも投資はプラスで投機はマイナスと言うものではありません。まずは、投資と投機の意味の違いを理解しましょう。

 

投資=資本に投じる

投資というのは生産的な手段のためにお金を出し、それを何らかの形で運用してもらうことでその果実を受け取ると言うものになります。
株式投資で考えると、投資家は企業(経営者)に出資をします。企業はそのお金を使って事業を行い、その事業から得られた収益を配当や株価上昇(企業価値上昇)という形で還元します。

このように、何らかの生産手段のためにお金を投じることが「投資」となります。

投資というものは、それによって「付加価値」が創造されると言う点に注目することが出来ます。その結果、経済全体が発展することに寄与できるというのも投資の醍醐味の一つです。

 

投機=機会に投じる

投機における「機会=チャンス」というのは単純には短期的な値動きを指すのが一般的です。株や為替などにおける短期的な価格変動をチャンスとして捉えて取引をすることが投機となります。
一般にギャンブルやマネーゲームと呼ばれあまり「投機」と言う言葉が好印象をもたれることは少ないのが現状です。

株式の売買においてもデイトレードやスイングトレードといった短期取引であれば、投資ではなく投機という扱いになります。

また、最近ではFXが人気となっている為替取引(外国為替取引)があります。こちらは投資と投機という区分でいけばすべて短期売買であろうが長期保有であろうが投機ということになります。

なぜなら、為替(通貨)に資金を投じることによって何らかの付加価値が創造されることはないからです。為替投資という言葉もありますが、本来の意味から考えると間違った用法といえます。

ただし、為替取引に関しては実需(貿易等の目的での売買)もあります。こちらについては為替レートの上下を目的に取引しているわけではないので投機でもなければ投資でもありません。

 

 

投資と投機の使い分け

私は投資がよくて投機が悪いと言うつもりはありません。
ギャンブル的な取引を行うことが一概に悪いわけではないと思います。

投機的な取引は良くも悪くも刺激的です。

また、資本市場全体を見たときもこうした投機的な取引が行われることによって株式市場や外為市場がより厚みのある市場となり、市場の流動性を高めていると言うのも事実です。

理解して欲しいのは「今、自分がやっている取引は投資なのか投機なのかとういうことを理解すること」です。中長期的な資産作り・資産形成において必要となるのはやはり「投資」です。それを踏まえたうえで、投機に使うお金というのは自分のポケットマネー・失っても問題ないお金の範疇で行うべきだと思います。

世の中には某投資家のように投機的な取引によって億単位の莫大な財産を築きあげた個人投資家も存在します。しかし、そのような人は本当にごく少数でその人の後ろにはその何十倍、何百倍、何千倍もの市場から退場を余儀なくされた人たちがいるということを理解する必要があります。

株の信用取引やFXで大儲けをしたいと考えている方もいるかもしれませんが、自分は特別と思わないことが大切です。本当に失ってはいけないお金で投機をしてはいけませんよ。

信用取引やFXを始めとしたレバレッジ取引を考えている方は「レバレッジ取引で必ず理解しておきたいリスク」の記事も是非一度読んでおいてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

投資と投機の違いを理解するを読まれた方は以下の記事も読んでいます。



SNSでもご購読できます。