FXの口座開設キャンペーン用。低リスクで取引ロットを稼ぐ方法

money-iii-1254139FXの口座開設は比較的魅力的なキャンペーンが豊富です。口座開設+取引で数万円のキャッシュバックといったような案件も多数あります。本来のFX取引はそっちのけで、そんなキャンペーンを渡り歩いて(?)、キャンペーンのキャッシュバック等をもらってばっかりという人も多いようです。

その一方で最近ではこうしたFXキャンペーンの条件も厳しくなってきました。従来は口座開設だけや入金だけでOKだったものが取引○○ロット(枚)以上といったように取引数量が求められるようになっています。

今回はそんなFXの口座開設キャンペーン用に、できる限り低リスクで取引ロットを稼ぐFX取引のやり方を紹介します。

続きを読む

SBI証券で第34回SBI債の募集開始。2016年5月25日16時から先着順で募集。

sbibond毎回完売しているSBI債について第34回債が発行されることになりました。今回はこれまでの抽選方式から「先着順」となっています。応募は2016年5月25日16:00~となっているのでほしい方は準備しておいてください。ただ、今回はマイナス金利の影響もあってか、従来よりも利回りが低めな上にこれまでの1年満期から2年満期へと期間が延びています。

個人向け国債の利回りが0.05%という利回り商品のリターンが極限まで低下している状態では0.7%も比較的高いといえそうですが、全くの無リスクというわけではないのでご注意ください。

続きを読む

401k(確定拠出年金・DC)のメリット、デメリット。節税効果の高い効果的資産運用

dc日本において将来の老後の年金対策として401k(確定拠出年金)が注目されています。多くの雑誌やメディアなどでその強みが取り上げられています。また、2017年には利用可能な範囲が拡大することも決定しており、今後ますます注目されることになるでしょう。

今回はそんな401k(確定拠出年金:DC)についてそのメリット、デメリットをわかりやすくまとめていきます。

続きを読む

個人投資家が陥りがちな確証バイアスとその予防方法

sns_tsukare確証バイアスというのは一言でいうと、都合のいい情報だけを見つけようとする傾向のことです。投資に関する情報を集めるとき、Twitterや掲示板は確かに有用なケースもありますが、確証バイアスに利用されることが多々あります。

今回は個人投資家が注意したい確証バイアス(Confirmaiton Bias)について紹介していきたいと思います。

続きを読む

最適ポートフォリオを提案!ロボアド(ロボアドバイザー)とは何か?

omocha_robot金融と技術を組み合わせる「フィンテック(Fintec)」が注目されていますが、その中の一つとして資産運用における顧客にとって最適なポートフォリオを構築するロボアド(ロボアドバイザー)というものがあります。このロボアドとはいったいどのようなサービスで、個人投資家はどのように活用すればよいのでしょうか?

今回はそんなロボアドの紹介と、実際に個人投資家が利用できるロボアドサービスを紹介していきます。

続きを読む

2016年5月の人気株主優待と過去の逆日歩情報

yutai5月も4月に続いて決算企業が少ないため、株主優待の権利月としている会社は少ないです。2016年5月の優待銘柄数は31社です。還元率の高い人気銘柄も少ないので株主優待投資をしている方には少し寂しいですね。

今回はそんな5月株主優待銘柄の中でも定番銘柄や人気が拡大している銘柄などを紹介していきます。

続きを読む

ふるさと納税の計算の仕組みを理解しよう

present-1443533ふるさと納税について、条件を満たせば面倒な確定申告が不要になるなど手軽に利用ができるようになりました。上手に利用すれば2000円という自己 負担で様々な地域の特産品などをもらうことができます。今回はそんなふるさと納税の効率を最大限に高めるための寄付の方法や計算方法などを紹介していきま す。

続きを読む

2016年5月募集の個人向け国債の利率・金利、キャンペーン情報

nationalbond平成28年5月12日(木)~平成28年5月31日(火)に募集されている個人向け国債3商品(3年満期・5年満期・10年満期)についてそれぞれの募集されている金利情報と、ネット証券を中心に個人向け国債の購入キャンペーンを実施ている証券会社を紹介していきます。

利率はすべて0.05%(下限金利)です。実際この記事投稿する必要があるのか?という気持ちもありますが、恒例の記事なのでできる限り続けたいと思います。

続きを読む

行き過ぎもまた相場の意味

kakugen相場格言の一つである「行き過ぎもまた相場」について説明していきます。これは相場の性質としては「反動」というものがあるということを教えるものです。相場が上昇するエネルギーが大きいほど、その後の下落もきついという相場の勢いを示す格言となっています。「山高ければ谷深し」という格言もありますが、これもほぼ同じ意味になります。

バブル相場が生まれて、その後バブルが崩壊すると長期間にわたって相場が低迷するというのも同じことかもしれませんね。

続きを読む

2016年5月度 住宅ローン金利比較ランキング

ranking-hl2016年5月2日調査の主要銀行、ネット銀行の住宅ローン金利を比較、ランキングしています。マイナス金利s政策の影響を受けて長期金利水準が一時-0.1%台に突入するなど金利状況は住宅ローンにとってはプラスの環境が続いています。

特に、今月は35年固定のような長期固定金利が低下しており変動金利と固定金利の差がますます縮小しています。住宅ローンの借り入れや借り換えを検討している方にとってはチャンスと言えるタイミングですね。

続きを読む