当ブログのおすすめをご紹介します。

貸借倍率で買い圧力と売り圧力を読む

貸借倍率(たいしゃくばいりつ)というのは、信用取引の取引状況を示す指標の一つです。信用取引している投資家の買い残高に対する売り残高の割合。買い残高÷売り残高で計算。1倍以上なら信用買いをしている投資家が多く、1倍未満なら信用売り(空売り)をしている投資家が多いということを示しています。
なお、信用倍率(しんようばいりつ)と呼ばれる場合もありますが、ほぼ同義となります。また、貸借比率、信用比率などと呼ぶ場合もあります。

続きを読む

信用取引の各種指標を理解して投資力アップ

信用取引というと、リスクが高い投資だから興味が無い。現物株投資のみでいく。という方も多いかと思います。ただ、そういう方にも理解してほしいのは「信用取引の需給等に関する指標」です。、これらは、信用取引の取引状況を示しており、今後の相場動向を探る上で重要な指標となります。

続きを読む

ネットバンク各社と証券会社の連携サービスまとめ

link最近ではネットバンクとネット証券(証券会社)とが連携するサービスが充実してきました。これらは銀行と証券の連携サービスは預金と投資を結びつける役割が主となります。意外と便利だったり、預金金利が上乗せされるなどメリットもあるので、今回はこの銀行証券連携内容をまとめていきます。

続きを読む

ネット証券の貸株サービスのメリットとリスク

counting-money-1239201最近、一部のネット証券で「貸株サービス」というサービスが提供されています。貸株サービスとは、投資家が保有する株式を、取引している証券会社に「貸す(レンタルする)」ことによりその対価として貸株料を受け取ることができるサービスです。投資家にとってはメリットが大きなシステムに見える貸株サービス。今回はこの貸株サービスのメリットとリスクを検証していきます。

基本的にはメリットの大きいサービスなので活用するべきだと私は思っていますが、全くのノーリスクというわけではないので多少注意を払う必要があります。

続きを読む

定期預金と当座貸越。解約と借入はどちらがお得か?

銀行で総合口座を開設している状態で、定期預金を組むと定期預金をしている金額の一定範囲内で「当座貸越」といって、お金を借りることができます。借り方は特別な手続きは必要なく、普通預金口座から、普通預金の範囲を超えてお金を引き出すことができるようになっています。今回は定期預金と当座貸越の関係と、定期を解約したほうがいいのか、それとも当座貸越でお金を借りた方がいいのかを検証していきます。

続きを読む

外為投資なら外貨MMFがおすすめ

外貨投資においては先日「外貨預金」についてのエントリーを投稿しましたが、個人的に外貨投資をするうえで一番おすすめの商品は「外貨MMF」です。聞きなれない投資商品かもしれませんが、「資産運用(投資)」という面でみると汎用性が高く、税制面でも優遇されている商品です。今回はこの外貨MMFについてその特徴や、なぜおすすめするのか?その理由を含めてまとめていきます。

続きを読む

定期預金満期時の自動継続における元利継続と元本継続

定期預金が満期になったとき、通常は大きく「解約する」という方法と「自動継続する」という方法の2種類を選択することができます。解約した場合はそのまま普通預金口座に払い戻されますが、「自動継続」を選択していた場合には、再び定期預金に預け入れがなされます。今回は定期預金における自動継続のしくみや、その際の元利継続・元本継続についてまとめていきます。

続きを読む

株主優待目当てで投資をする際の注意点

個人投資家から高い人気がある「株主優待」。企業の商品やサービスを無料・優待価格で試せたり、オークションや買取などの価値で考えると高利回りで運用できる場合があり人気です。ただ、こうした株主優待を目当てに投資をするような場合には、いくつか注意しておきたいことがあります。特に投資初心者(これから投資を始める)という方はぜひご一読いただければと思います。

続きを読む

外貨預金のリスク

これまであまり投資商品というものに触れたことがない方にとって、外貨で資産運用と聞くとまず浮かぶのが「外貨預金」ではないでしょうか?とっても身近な銀行で取り扱える外貨商品で、銀行窓口でも販売されている商品です。金利をみても、豪ドルやNZドルなどは金利も数%台と高金利で魅力的に見えます。

今回は、この外貨預金をするうえで預金者が理解しておきたい「外貨預金のリスク」について考えていきます。

続きを読む

信用取引のコスト比較は手数料よりも金利が重要

証券会社で株取引、特に信用取引をするという方が増えているようです。ネット証券の普及により信用取引がより手軽に行えるようになってきたのも背景かと思います。さて、そうした信用取引をするときに注意したいが「金利・貸株料」の概念です。現物株の取引コストは「手数料」が中心だったわけですが、信用取引の場合はこうした「金利コスト」を重視する必要があります。

続きを読む