株主優待目当てで投資をする際の注意点

個人投資家から高い人気がある「株主優待」。企業の商品やサービスを無料・優待価格で試せたり、オークションや買取などの価値で考えると高利回りで運用できる場合があり人気です。ただ、こうした株主優待を目当てに投資をするような場合には、いくつか注意しておきたいことがあります。特に投資初心者(これから投資を始める)という方はぜひご一読いただければと思います。

続きを読む

外貨預金のリスク

これまであまり投資商品というものに触れたことがない方にとって、外貨で資産運用と聞くとまず浮かぶのが「外貨預金」ではないでしょうか?とっても身近な銀行で取り扱える外貨商品で、銀行窓口でも販売されている商品です。金利をみても、豪ドルやNZドルなどは金利も数%台と高金利で魅力的に見えます。

今回は、この外貨預金をするうえで預金者が理解しておきたい「外貨預金のリスク」について考えていきます。

続きを読む

信用取引のコスト比較は手数料よりも金利が重要

証券会社で株取引、特に信用取引をするという方が増えているようです。ネット証券の普及により信用取引がより手軽に行えるようになってきたのも背景かと思います。さて、そうした信用取引をするときに注意したいが「金利・貸株料」の概念です。現物株の取引コストは「手数料」が中心だったわけですが、信用取引の場合はこうした「金利コスト」を重視する必要があります。

続きを読む

住宅ローンにおける変動金利・固定金利の選び方

住宅ローンにおける金利タイプの選択は重要な要素です。単純な「コスト」という問題と将来の長期間にわたっての返済における「リスク」という二面性があるためです。そのため、ローン金利タイプの選択には、あなたの現状や将来の予想、リスクに対する考え方を十分に考慮したうえで選択していく必要があるものと考えます。今回は、住宅ローンにおける変動金利・固定金利(固定期間)に関する考え方をまとめます。

続きを読む

住宅ローンを比較する上で抑えておきたい重要なポイント

住宅ローン金利がかなり低下しており、将来の消費税増税も見えてきた今、住宅購入を検討されている方も多いのではないでしょうか?今回は、住宅購入で必要となる「住宅ローン」について、その選び方や比較のポイントはどこなのかについてわかりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

2012年8月度 住宅ローン金利比較ランキング

2012年8月1日時点の各銀行が提供している住宅ローン金利の比較記事です。今月はますます金利の低下傾向が見られます。変動金利にはさほど影響が無いようですが、長期固定金利ほど影響がでており、全体的に金利は低下傾向にあります。フラット35の場合、2ヶ月連続で2%台を割り込んだ水準となっており、住宅ローンの利用予定者にとってはかなり有利な1ヶ月となりそうです。

続きを読む

2012年8月度 ネットバンク定期預金金利ランキング

2012年8月度における各ネットバンクの定期預金金利比較ランキングです。各銀行における預金金利を徹底分析していきます。歴史的な長期金利の低下に伴い、各行とも金利は低下傾向にあるわけですが、さほど下がる余地があるわけでもないため、限定的です。むしろ夏のボーナスキャンペーン等で特別金利をつける銀行が多いみたいです。

続きを読む

新生銀行の2週間満期預金のメリットとデメリット

預金残高が1兆円を超えているという新生銀行が提供している2週間満期預金。名前の通り2週間という超短期で満期になる本預金は流動性と拘束期間から考えた金利の高さが魅力なようです。できるだけリスクは少なく高金利で運用したいというニーズによってかなりの額の預金を集めているようです。
今回はこの預金について具体的な商品スペック、メリット・デメリットを解説していきたいと思います。

続きを読む

ROE(株主資本利益率)とROA(総資本利益率)の読み方

企業の収益力を分析する指標の代表格として「ROE(株主資本利益率)」と「ROA(総資本利益率)」という二つの指標があります。これらは企業が自社のビジネスをどれだけ「効率的」に行っているかを見ることができる指標です。
今回はこのROE、ROAという計算指標の計算方法やその読み取り方、どのように判断すべきか、またROEとROAの関係性まで分かりやすく解説していきます。

続きを読む

増資でなぜ株価が下がる?

water-1329553増資の発表。投資家にとっては頭の痛い発表となることが多いです。良い公募増資というのを目にすることは多くはありません。多くの場合、公募増資が発表されると株価は下がることになります。今回は公募増資の発表でなぜ株価が落ち込んでしまうのか?その理由を解説していきます。

ちなみに、増資で必ずしも株価が下がるというわけではありません。株価に対して下落圧力が加わり易いと言うだけです。増資の理由やその企業の置かれている状況によってはプラスに働くこともあります。

続きを読む