当ブログのおすすめをご紹介します。

ビットコイン・仮想通貨の取引所・販売所を徹底比較

ビットコインを始めとした仮想通貨、盛り上がっていますね。

バブルを懸念する声も出ていますが、仮想通貨というシステム自体は将来性も感じられますよね。ビットコイン以外にもアルトコインと呼ばれる数多くの仮想通貨が取引され、日本でも売買しやすい環境が整ってきました。

今回はビットコインを始めとした仮想通貨を買うときに必須ともいえる日本国内の仮想通貨取引所・販売所を比較していきます。

スポンサーリンク


初心者は日本の仮想通貨取引所・販売所で買うのが楽

そんなビットコインを始めとした仮想通貨の買い方について説明していきたいと思います。初心者の方は日本の仮想通貨取引所(販売所)で購入するのが一番簡単ですし、わかりやすいです。

  • ビットフライヤー
  • コインチェック
  • Zaif
  • GMOコイン
  • ビットトレード

などが代表的な仮想通貨の取引所・販売所となっております。

仮想通貨の取引所というのは、株の証券取引所のように複数の人がビットコイン等の仮想通貨の注文を出し合って突き合わせて売買を成立させる場所です。

仮想通貨に関しては取引所以外にも「販売所」というものもあるのですが、販売所の販売価格は2WAYプライスとなっております。それぞれの通貨のスプレッドは販売所によって差があり、業者によって得手不得手にかなりの差があります。

 

取引所・販売所への口座開設について

仮想通貨取引所への口座開設については、オンラインで可能です。
日本の取引所は本人確認は必須となっておりますが、証券会社のようにマイナンバーを求められたりすることはありません。

免許証とそれに記載されている住所に自分あての郵便物が届けば口座開設できます。

 

各仮想通貨取引所ごとの特徴と対応通貨

仮想通貨取引所ごとの特徴と取引所として対応している通貨をまとめます。取引所によって売買できる仮想通貨の種類が違いますし、特長もあるので、2つか3つくらいの取引所にアカウントを作って、どれが自分に合っているかを試してみるのもよいと思います。

 

bitflyer(ビットフライヤー) ビットコインには強いがアルトコインに弱い

ビットコインの取引所としては、現状No1といえそうな取引所です。

ビットコイン単体の取引であれば取引所の中でもかなり強みがあります。
特に、ログインボーナスでビットコインが貰えるキャンペーンなどは上手に活かせばタダでビットコインを貯めることができます。

ビットコイン取引所の取引も活発です。
取引に特化したLightningというプラットフォームが用意されています。万が一のための損害保険にも加入しています。ビットコインだけを取引するならビットフライヤーで間違いないと思います。

資本金も大きく体力もあるので取引所の中ではかなり安心できる会社といえます。私も一番最初に口座を作ったのはビットフライヤーでした。

一方でビットコイン以外のアルトコインの扱いはあまり強くないです。ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、モナコイン、ライトコインは取り扱えますが、販売所(2Wayプライス)となっており、スプレッドはかなり広めです。

>>ビットフライヤー公式ホームページ

 

コインチェックはアルトコインの扱い豊富、取引しやすい

登録から利用までに手続きが簡単で、取引画面も見やすいです。

ビットコインだけでなく、アルトコインの取り扱いも豊富です。ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、Lisk、Factoon、Monero、Auger、リップル、Zcash、ネム、ライトコイン、DASHといった数多くの合うとコインに投資ができます。

日本の取引所の中ではアルトコインの種類が豊富なので、いくつもの仮想通貨に投資をしたいという場合はコインチェックが最適です。

>>コインチェック公式ホームページ

 

Zaif 取引所方式でアルトコインの売買につよい

ビットコインのほか、イーサリアム(EHT)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)の仮想通貨をすべて取引所方式(板方式)で売買できます。

ビットフライヤーやコインチェックのアルトコインは販売所方式となっており、売値と買値のスプレッドが広い(広すぎる)という問題があります。要するに、買うときは高く、売るときは安くしか売買できないわけです。

一方のZaifはこれらのアルトコインも取引所方式で売買できます。数百万単位のまとまった資金で一度に売買したいといいうときは向いていないとも言えますが、通常のタイミングだとコストを抑えて購入できます。

>>Zaif公式ホームページ

 

GMOコインはスピーディーな投資ができる、大手で安心感

GMOはGMOクリック証券などで株取引、FX取引、CFD取引など多数の金融商品を扱っている会社です。GMOコインはそのグループで、仮想通貨の取引所(販売所)としてはやや後発ですが、安心感はあります。

取引所ではなく、GMOコインが買値と売値を提示する販売所スタイルとなっていますが、スプレッドは他の販売所と比較すると抑えられています。

ビットコイン以外に、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルを取り扱っています。

>>GMOコイン公式ホームページ

 

ビットトレード FX系の会社が運営するビットコイン取引所

ビットトレードはFX事業を展開しているFXトレードファイナンシャルの関連子会社が提供する仮想通貨取引所となっています。ビットコイン以外にも、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコインの取り扱いを行っています。

すべての取引が板方式(取引所方式)となっている点は大きな強みがあるといえるでしょう。

>>ビットトレード公式ホームページ

 

以上、ビットコイン・仮想通貨の取引所・販売所を紹介、比較してみました。

スポンサーリンク