投資信託

ロボアド運用のTHEO(テオ)の評判と投資のメリット、デメリット

ロボットアドバイザー(ロボアド)を使った投資サービスが数多く登場しています。今回はそんなロボアド投資サービスの一つ「THEO(テオ)」を紹介したいと思います。

ロボアドは投資初心者でも比較的手軽に国際分散投資が可能な運用サービスです。1万円から始めることができる投資サービスです。投資は基本的に“全自動”なので、一度設定をすればあとは勝手に投資をしてくれます。

こういった、手軽さがロボアド運用の大きな魅力の一つですね。今回はそんなTHEO(テオ)の評判や実際に利用する上でのメリット、デメリットを紹介していきます。

 ロボアド(ロボットアドバイザー)とは?

ロボアドについては以下の記事でも紹介しているので、そもそもロボアドってなに?という方は記事をご一読ください。

あわせて読みたい
最適ポートフォリオを提案!ロボアド(ロボアドバイザー)とは何か? 金融と技術を組み合わせる「フィンテック(Fintec)」が注目されていますが、その中の一つとして資産運用における顧客にとって最適...

簡単にまとめると、投資家が取ることができるリスクの大きさに対して、リターンを最も高めるように投資先を分散させる投資サービスです。こうした分散投資をアセットアロケーションと呼ばれ、中長期的な投資には欠かせない視点です。

あわせて読みたい
投資の成否はアセットアロケーション(資産配分)で決まるアセットアロケーションという言葉を聞いたことがないでしょうか?アセットアロケーションとは資産配分という意味です。資産を異なる複数の資産に...

その一方で、そんなアセットアロケーションを素人がくみ上げるのは容易ではありません。そんなくみ上げを自動化してくれるのがロボアドなんですね。

ロボットアドバイザー運用のTHEOとは?

ロボアド運用サービスは2016年ごろからリリースされ始めており、今ではいくつもの会社がサービスを提供しています。

といったようなサービスですね。THEOもこうしたロボアド運用の一つです。

TEHOは1万円という小額からスタートできる資産運用サービスです。まとまった資金を預けて運用してもらう方法と、毎月1万円~を積立投資をする方法があります。

手数料は総投資金額の1%となります。

THEOの資産運用サービス

具体的にTHEO(テオ)の特徴を見ていきましょう。

THEOは投資の目的に応じて3つの運用ポートフォリオを持っています。この3つの機能性ポートフォリオを投資家ごとにニーズに合わせて組み合わせることで最適なポートフォリオを提供しています。

1)グロースポートフォリオ
長期的に、世界の株式市場の成長と同程度の高いリターンを得ることを目指します。投資対象は、米国株、他の先進国株、新興国株、先進国、新興国のETFを含む 成長株と、割安株等スマートベータ

2)インカムポートフォリオ
定期的に、多くの安定したインカム(利息等)を得ることを目指します。 ポートフォリオの価格変動幅を下げ、安定性を高めることを目指します。

3)インフレヘッジポートフォリオ
資産の実質的価値を保全することを目指します。

THEOを使った資産運用の始め方

THEOを使った投資は簡単に始めることができます。

  1. 公式ホームページへいき「今すぐ始めるをクリック(タップ)」
  2. 質問に答える
  3. 投資家タイプとポートフォリオの配分が提案されます
  4. ユーザー登録(メールアドレス)
  5. 個人情報の入力+本人確認書類にアップ(スマホカメラOK)
  6. マイナンバーを登録する
  7. 入金する(1万円~)

始めるまではこんな感じになります。初回入金時は銀行振込しか方法がありません。振込手数料無料の銀行などを活用しましょう。

参考:ネットバンクの振込手数料比較

なお、積立投資をする場合は、2回目からは指定の銀行から自動振替(手数料無料)となりますのでご安心ください。

THEOはどんな人に向いている?

もしも、あなたに投資の高い知識や経験があるのであれば、あえてロボアド運用をしなくても、インデックスファンド等を使ってポートフォリオをくみ上げればTHEOよりも低コストな資産運用はできると思います。

ただし、それには大きな労力とまた知識が必要になります。THEOをはじめとしたロボットアドバイザー運用というのはこうした、専門知識が不要で、高いレベルの投資ができるという点にあります。

投資や資産運用に興味はあるし、月々1万円位なら運用に回しても大丈夫というのであれば、初めての投資としてTHEOはお勧めできます。

>>THEO公式ホームページ

ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。