NISA

08 January

ジュニアNISAの口座開設ならどの証券会社がおすすめか?証券会社比較

kids-and-granpa-12385592016年1月から4月より運用が可能となるジュニアNISAの口座開設が解禁されることになります。大人向けNISAと同様に株や投資信託などの運用益や配当(分配)金が非課税になるため、中長期的な資産形成や大学進学時期を見据えた運用といった目的で利用されることが想定されています。

今回はそんなジュニアNISAの口座開設が解禁されたことに伴って、どのような視点で子ども向けのジュニアNISA口座を選ぶべきなのか?証券会社の比較やキャンペーン情報などをまとめていきます。

続きを読む

21 October

NISAを活用した積立投資(投資信託)の始め方

nisaNISAは2014年にスタートした「少額投資非課税制度」です。2015年で制度スタートから2年になりますが、初年度とはことなり、2年目となった今年はまとまった金額を投資する人だけでなく、「コツコツと積立投資をする人」の口座数が増加傾向にあるそうです。積立投資はまとまった投資資金を持たない若い人に多く利用されているようです(ネット証券最大手のSBI証券の場合、同口座の8割は40代以下)。今回はそんなNISAをつかった積立投資の始め方や投資の注意点などをわかりやすくまとめていきます。

続きを読む

27 July

2016年よりスタート「ジュニアNISA」の特徴と普通のNISAとの違い

nisa2016年より、未成年者向けのNISA(少額投資非課税口座)であるジュニアNISAの制度がスタートします。通常のNISAは20歳以上が対象ですが、ジュニアNISAは未成年者が対象になり、制度が多少異なります。子供の学費などを「非課税で準備できる」というメリットがある半面、大人版のNISAとは違い、制約事項も存在します。今回はジュニアNISAの特徴と、成人版のNISAとの違い、メリット、デメリットなどを分かりやすくまとめていきます。

続きを読む

12 February

改めて書くけど、NISAで毎月分配型ファンドを買ってはいけない

nisa2014年のNISAにおいて投資された投資信託が日経新聞調査で本日報道されましたが、上位陣の顔ぶれを見ると毎月分配型ファンドが列をなしています。NISA口座の非課税メリットを享受する上で、こうした「毎月分配型ファンドはダメ」なのですが、その理由を改めて説明していきたいと思います。
ちなみにNISAって何?と言う方は「NISA(ニーサ・小額投資非課税制度)に関するまとめ」をあわせてご覧ください。

続きを読む

21 October

NISAと確定拠出年金(401k)の使い分け

nisa-401k現在、日本における投資方法の中でも税制上のメリットがある運用方法が「NISA(小額投資非課税制度)」と「確定拠出年金(日本版401k)」の二つです。それぞれは制度としてはまったく異なりますが、税制上のメリットが強い運用方法です。どちらにも長所と短所の両方がありますので、それぞれの違いを理解した上で上手に活用していきましょう。

続きを読む

27 May

外国株をNISA口座で売買するときの注意点のまとめ

nisa2014年からスタートしたNISA(少額投資非課税制度)。すでにこの制度を利用して投資をしている人も多いかもしれません。そうしたNISA口座で外国の株式への投資を検討している方も多いかもしれません。今回はNISA口座で外国株に投資ができる証券会社(ネット証券)と投資をするときの注意点などについてまとめます。

続きを読む

28 January

10万円の少額資本でNISA口座をフル活用する方法

moneyNISAは年100万円までの投資を非課税とする制度です。制度はフル活用したいけど、投資に回すお金は100万円もない。という方のために今回は10万円程度の少額資本で100万円のNISA口座枠をフル活用するための方法をまとめていきます。
本来の長期投資という視点からは外れますが、税金も手数料もかからない※NISA口座は投資初心者の投資入門としてもお勧めです。

続きを読む

18 October

NISA口座では「損をしない投資」を最重要と考えるべき

hole日本版ISA(NISA)の運用がスタートします。NISA口座を開設したという方も多いのではないでしょうか。NISA口座内での投資で一番に考えるべきことは「損をしない」ということを最重要視するべきということです。アンケートによるとNISA口座の運用は個別株という方も多いようですが、この点をぜひ理解しておいてください。
ちなみにNISA口座については「日本版ISA(NISA)に関するまとめ」も参考にしてください。

続きを読む

03 May

NISA(ニーサ・小額投資非課税制度)に関するまとめ

日本版ISAは証券投資に対する優遇税制が終了すると同時に行われる税の優遇措置です。1年あたり100万円(2016年以降は120万円)までの投資非課税枠を作り、そこから得られる配当金や売却益について最長5年間非課税となるシステムです。

1年あたり120万円で5年分利用可能となるので最大で600万円までの非課税枠を得ることが出来るわけです。今回はこの、2014年1月から導入されている日本版ISA(NISA)の制度やシステム、活用方法などについてまとめます。

続きを読む