FX

15 January

信用取引、先物、FXなどで追証が払えなかったらどうなる?

margin信用取引、先物取引、FX取引といった証拠金取引の場合、自分が預けている金額以上の取引ができます。たとえば、株の信用取引なら証拠金のおよそ3倍、FX取引なら最大で25倍程度の金額の売買が出来るようになっています。こうしたレバレッジ取引において、一定の損失(含み損)が発生して証拠金が所定の比率を下回ったときに発生するのが「追証(おいしょう)」です。

今回は追証の仕組みと、もし追証を支払えなかったらどうなるのかをまとめていきます。

続きを読む

24 July

広がるFXの自動売買。特徴と注意点は?

systre個人投資家が売買するFX(外国為替証拠金取引)において自動化されたプログラムで自動的に通貨を売買するシステム、自動売買が広がっています。システムトレードとも呼ばれるこの取引方法は、従来までプログラミングの知識などが必要でしたが近年は証券会社(FX業者)が投資家向けにプログラミングなどの知識が不要で参加できるツールを相次いで導入し口座数を増やしています。今回はこのFXの自動売買(システムトレード)のメリットや注意点などをまとめます。

続きを読む

15 October

FX投資におけるスワップの意味

FX取引では、外貨投資における「金利」に関する言葉として「スワップ」という言葉が使われます。スワップとは「交換」という意味となります。FX取引は「ある通貨を買って」「別の通貨を売る」という取引になります。「ドル円」の通貨ペアを買うという場合「円を売ってドルを買う」という取引にあたります。このとき、買ったドルの金利を受取、売った円の金利を支払う必要があります。この金利のやりとりをスワップと言います。

続きを読む

12 October

ロング(買い)とショート(売り)

投資においてロング(long)やショート(short)という言葉が使われることが多くあります。特に、FXや先物取引、オプション取引などでは、よく使われます。ロングのことを「L」、ショートのことを「S」という略語で呼ぶことも多々あります。今回はこの「ロング」と「ショート」についてより詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む

10 October

FXにおける通貨ペアとは何か?

FX(外国為替証拠金取引)においては、取引する通貨は「通貨ペア」という二つの通貨がペアになったものを取引します。FXにおいては円建てでの取引である対円との通貨ペア以外にも外貨と外貨を組み合わせる通貨ペアの取引も可能です。たとえば「ユーロドル」といったように、外国通貨同士の取引も可能です。今回はこの「通貨ペア」というものについてよりわかりやすくまとめて生きたいと思います。

続きを読む

09 October

FX取引と理解しておきたい言葉のまとめ

為替投資としてFX(外国為替証拠金取引)に興味を持つ方が増えているそうですが、FXを始めようと思った方の多くはFX取引で使われている言葉に戸惑う方が多いのではないでしょうか?FXでは、「スワップ」「スプレッド」「通貨ペア」「pips」「枚」「ロング」「ショート」といったように様々な専門用語が使われています。理解してしまえばさほど難しい概念ではないのですが、こうした言葉の難しさがFXを「難しい取引」と感じさせているのも事実だと思います。
今回はこれから初めてFX取引を始めようと考えている方のために、理解しておきたい言葉とその意味をまとめて解説していきます。

続きを読む