ETF

MSV LIFE(マネラップ)のメリット、デメリット。マネックス証券のロボアド

msvlife

MSV LIFE(愛称:マネラップ)はマネックス証券と投資信託大手の米国バンガード社が連携して提供しているロボアド(ロボ・アドバイザー)とETF投資とを組み合わせたラップ口座(投資一任運用)のサービスとなっています。MSV LIFE(マネラップ)は預かった資金を投資家の投資目的・投資資金の性質・投資に対するリスクの考え方などに合わせて、最適なポートフォリオを構築し、自動運用してくれるサービスです。

今回はそんなMSV LIFEの紹介とそれを活用するメリットとデメリットについて分かりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

マネックス証券が米国ETF28銘柄の実質手数料無料化!これはすごい。

zeroetf

大手ネット証券の中でもマネックス証券は米国株を中心とした外国株取引に力を入れてきましたが、2017年2月27日より、米国のETFの株式委託手数料実質無料とする「ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)」というサービスを開始しました。

米国ETFに手軽に分散投資が可能な銘柄も多いのですが、外国株という扱いになるので手数料が高かったのですが、それがこうして実質無料という形になるのは素晴らしいと思います。

続きを読む

レバレッジ型ETFは短期勝負のみの利用がおすすめ。長期保有のデメリット

nf東証の売買代金の中でもトップクラスの出来高を誇るETFがレバレッジ型ETFです。代表的なものが「NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」で日経平均の2倍の値動きをするように設計されたETFとなっています。

今回はこのレバレッジETFに投資をする時の注意点として「短期勝負限定」であって中長期で投資するものではないという点を説明していきます。

続きを読む

国内上場のETFの種類も豊富に、短期売買向けのETFも。

etf国内で売買できるETF(上場投資信託)の種類が増加しています。また、取引量も増加しており、従来からETFの強みとされてきた中長期保有の分散投資目的だけでなく短期的な値動きを狙った売買が可能だったり、ユニークな値動きをするETFまで種類が増加しています。
今回はこうしたETFの現状についてまとめていきます。

続きを読む

低コストで売買しやすいETFとは何か?ETFの特徴、しくみを解説

投資信託の中でも現在売買の主役となりつつあるのがETF(上場投資信託)です。投資信託の一種ですが、証券取引所に上場しており、一般の株式と同じように売買することが可能になっています。投資信託というよりは個別株式と同じような商品性となっています。日経平均やTOPIXなどの小額で手軽に投資できる商品として様々な面で評価できる金融商品です。

続きを読む

ETFとインデックス投資信託の違い

投資信託の中でも、株式と同じように売買することができる「ETF」。日経平均やTOPIXといった株価指数に連動するように作られている投資信託ですが、このETFと、インデックスファンドと呼ばれる日経平均、TOPIXなどをベンチマークとする投資信託にはどのような違いがあるのでしょうか?今回はETFとインデックスファンドの違いについてみていきます。

続きを読む