積立

新しい積立投資のやり方「バリュー平均法」とは?そのメリット、デメリット

valueinvestment積立投資のやり方として代表的なものの一つに、毎月定額を投資するという「ドルコスト平均法(定額投資法)」は昔から知られています。そして今回紹介する「バリュー平均法」というのは、この積立投資におけるもう一つの運用方法です。今回はこのバリュー平均法とはどのような投資方法でどんなメリットがあり、どういった点に注意が必要なのか?というところをまとめていきます。

続きを読む

教育費を準備する際の「保険」と「積立貯金」の違い

study子供の教育費を準備するというケースでよく利用されうのが「保険(学資保険など)」を使ったものと「積立貯金(銀行預金)」の二つです。これらはそれぞれの長所、短所があります。子供の教育費や学費を積み立てるための方法としてどちらを選択すべきか?またはどのように資金を振り分けるべきなのか?ということについてそれぞれの長所短所を比較しながら説明していきます。

続きを読む

貯金できない人は「積立貯金」を始めよう、メリット・デメリット

chokin貯金したいと思っているけどなかなか貯金できない。そんな方にお勧めなのが「積立貯金」です。毎月一定額を普通預金から天引きする形で始められる預金の一種で、多くの銀行で受け付けています。

お給料日などの収入が入ってくる日に天引き設定しておけば、自動的に貯金できます。多くの調査でも、残ったお金を貯金仕様とする人よりも最初から貯金する人の方が貯金が成功しているという結果が出ています。今回は貯金出来ない人にお勧めの積立貯金の特徴とメリット、デメリットをまとめていきます。

続きを読む

株式累積投資(るいとう)のメリット・デメリット

株式累積投資(るいとう)とは、証券会社で毎月1万円以上、千円単位の小額で選んだ銘柄(株式)をこつこつと積立投資ができる商品です。たとえば、単元株が1000株で株価が300円の株を買おうと思うと通常は1000株×300円で30万円が最低投資金額になりますが、株式累積投資(るいとう)なら1万円からコツコツ株を買っていくことが出来ます。

続きを読む

長期運用に活用できる積立投資・積立貯金商品の比較

長期にわたる資産運用や資産形成において大切な役割を果たすのが「積立」機能を有する投資商品や貯蓄商品です。継続は力なりと言う言葉がありますが、資産運用でも継続して積み立ててためていく、増やしていくということは大切です。今回は多数存在している積立投資や積立貯金商品の紹介とそれぞれの長所、短所などをわかりやすくまとめます。

続きを読む

定期預金の種類とそれぞれの特徴まとめ

定期預金と一口に言っても実はいろいろな種類が存在しています。今回は銀行が取り扱っている定期預金についてそれぞれの特徴をまとめていきます。

「スーパー定期」「大口定期預金」「ネット定期」「積立預金」「定額貯金」「定期貯金」などそれぞれの定期預金の種類や特徴、活用方法をまとめていきたいと思います。

続きを読む

積立投資におすすめの単元未満株取引

株式投資においては、「単元株」という取引単位があります。これは株式を売買する上での最低単位で企業によって異なります。1株単位~1000株単位までがあり、たとえば単元株が1000株となっている企業の場合は1000株単位でしか株を売買することはできません。
単元未満株取引は、この最低売買単位よりも小さい単位で株を売買できる取引です。より小額の資金で株投資ができるので、投資初心者の方にもお勧めの投資となっています。

続きを読む