税金

2015年12月中にやっておくべき外貨MMFの含み益の益出しとは?

dollarmmf2016年1月より証券税制が一部変更になります。大きなものの一つが「公社債投資信託の売却益への課税」です。従来は公社債投資信託の売却益は「非課税」だったものが2016年1月からは「課税対象」になります。大半の公社債投資信託にとっては影響がありませんが、「外貨MMF」を利用している人は場合によっては2015年12月中に年内売却を検討するべきです。

続きを読む

2016年1月から変更される債券・公社債投信の税制のまとめ

2016tax2016年(平成28年)1月より、債券および公社債投信に対する税制が変更されます。金融課税の一体化として、株式や株式投信と共通化されるようになります。

今回はそんな税制の改正のポイントと課税制度の変わり目でどのような行動をするとお得なのかもまとめて紹介していきたいと思います。

続きを読む

高配当の外国株投資をするなら外国税額控除をしっかり活用しよう

foreign外国税額控除(がいこくぜいがくこうじょ)とは、外国株投資を通じて各国で課せられる税の二重課税を排除するための制度です。たとえば、米国株に投資をしているとして、その米国株からの配当金については米国で配当金課税され、さらに国内でも課税されるという二重課税の状態となります。この二重課税は確定申告によって外国税額控除として修正することが可能です。

続きを読む

特定口座は「源泉徴収なし」を選択する方が節税になる可能性がある【株の税金】

account証券会社で口座を開く時などに税金の納め方として「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」のどちらかを選択したはずです(特定口座)。この選択のやり方で、納付する税金の金額が変わる場合があるってご存知ですか?特に投資金額が小さい方の場合は「源泉徴収なし」を選択すると最大で4万円も節税できる場合があるのです。

続きを読む

外国株をNISA口座で売買するときの注意点のまとめ

nisa2014年からスタートしたNISA(少額投資非課税制度)。すでにこの制度を利用して投資をしている人も多いかもしれません。そうしたNISA口座で外国の株式への投資を検討している方も多いかもしれません。今回はNISA口座で外国株に投資ができる証券会社(ネット証券)と投資をするときの注意点などについてまとめます。

続きを読む

年末に考えるべき株(投資)の益出し、損出しと税金

stock株式投資を始めとして投資の税金は1月~12月までの利益で税額が決定することになるわけです。というわけで、12月は保有する投資商品の売買によって最終的な損益を調整できる最後の月ということになります。今回は年末に考えておくべきや株や各種投資の益出し、損出しと税金についてまとめていきます。年末調整はお給料だけでなく株などでも行いましょう。

続きを読む

外貨投資をするなら2015年末までは外貨MMFがおすすめ!

dollarmmf外貨投資というとFX(外国為替証拠金取引)が人気ですが、ハイレバレッジで一攫千金という投資ではなく純粋に外貨投資を行うというのであれば、2015年12月までは「外貨MMF」が確実にお勧めです。理由は非課税のメリットを活かしつつ、運用状況によっては株や投資信託との間での損益通算も行えるという、節税のいいとこどりができるからです。

続きを読む

NISA口座では「損をしない投資」を最重要と考えるべき

hole日本版ISA(NISA)の運用がスタートします。NISA口座を開設したという方も多いのではないでしょうか。NISA口座内での投資で一番に考えるべきことは「損をしない」ということを最重要視するべきということです。アンケートによるとNISA口座の運用は個別株という方も多いようですが、この点をぜひ理解しておいてください。
ちなみにNISA口座については「日本版ISA(NISA)に関するまとめ」も参考にしてください。

続きを読む

証券会社の特定口座と一般口座の違い

account証券会社に口座を開設する場合、「特定口座」か「一般口座」のどちらかを選択することが求められます。特定口座というのは株や投資信託などの売買における税金についてより簡易的に行えるように作られた口座です。基本的に特定口座にしない理由というものはないので、基本的には特定口座を選択するべきです。今回は証券会社の特定口座のメリットや一般口座との違いなどをまとめていきます。

続きを読む

NISA(ニーサ・小額投資非課税制度)に関するまとめ

日本版ISAは証券投資に対する優遇税制が終了すると同時に行われる税の優遇措置です。1年あたり100万円(2016年以降は120万円)までの投資非課税枠を作り、そこから得られる配当金や売却益について最長5年間非課税となるシステムです。

1年あたり120万円で5年分利用可能となるので最大で600万円までの非課税枠を得ることが出来るわけです。今回はこの、2014年1月から導入されている日本版ISA(NISA)の制度やシステム、活用方法などについてまとめます。

続きを読む