社債

個人向け社債が投資家にとってお勧めできない理由

bond近年、企業などが個人投資家を対象にした小口社債(個人向け社債)の発行を増やしています。こうした個人向け社債への投資は個人投資家にとって本当に有利なのでしょうか?

結論から言うと、こうした社債への直接投資は基本的には控えるべきだと思います。それは発行体の信用リスクが読みにくいことと、万が一の場合を考えると魅力的な債券に投資がしづらいという点が挙げられます。

今回は、個人投資家が個人向け社債に投資をするリスクと、それに代替する投資方法などを検証していきます。

続きを読む

社債投資の際に考えておきたいリスク

最近、個人投資家の間で「社債」への投資熱が上昇してきているということです。定期預金や国債といった投資では高い運用成果が期待できないことから、リスクをとってでも、高い利回りを求めるという動きが活発化。また、社債の発行体にとっても、リーマンショック以降、機関投資家からの資金調達が難しくなっています。こうしたニーズから個人向け社債の発行額は増大しており、社債の大量発行があった2009年に次ぐペースとなっています。
一方で、こうした社債投資には一定の「リスク」があることを投資家は理解しておく必要があります。今回は社債への投資に対して投資家が理解しておくべき、「リスク」についてまとめていきます

続きを読む