株価指標

14 September

空売り比率の意味と相場への活用方法

down空売り比率(からうりひりつ)というのは東京証券取引所が毎日(営業日)に発表している、売り注文に対する空売りの比率です。株を売るというとき、自分が持っている株を売る(現物売り)、証券会社(他人)から株券を借りて市場で売る(空売り)の二種類があります。空売り比率は「すべての売り注文」に占める「空売り」の割合を示します。

続きを読む

07 July

PEGレシオ 新興企業の成長度と割高・割安感を図る指標

pegPEGレシオという指標をご存じでしょうか?PEGレシオはPERを利益成長率で割った指標です。株価の割高・割安を判断するPERに利益成長率を加味した指標です。特に新興企業、成長企業は将来の成長が期待される分、PERだけだと「割高」と判断されますが、利益の成長を加味して評価することができる指標となります。PEGレシオ(Price Earnings Growth Ratio)の略です。

続きを読む

10 April

PERから考える損切り(ロスカット)の判断

perPERは株価収益率のことで、投資指標としてかなり広く利用されています。このPERはその会社が割安か割高かを判断する時などに使われることが多いですが、損切り(ロスカット)を考えるときもこのPER水準を一つの判断材料として利用することができます。ポイントは「高PER銘柄はロスカットの決断を早く」ということです。

続きを読む

22 January

投資指標「配当利回り」の注意点と活用法

incomegain株式投資におけるインカムゲイン(利息収入)の代表的なものが「配当金」です。こちらについては「株式投資のインカムゲイン(配当・金利収入)」でも説明しました。その配当金の投資総額に対する収益性を示す指標が配当利回りです。これは他の投資との間での収益性の比較などにも用いられます。今回はこの配当利回りについての計算方法や活用方法、投資指標として見る時の注意点などを説明していきます。

続きを読む

08 October

発行済株式と潜在株式の違いと重要性

dark株価分析のために使われる「PER」や「PBR」の計算には一株当たりの利益(EPS)や一株あたりの純資産(BPS)などを使います。そもそもこの「一株あたり」という計算に使われるのが当該企業が発行している株式数に対してということになるわけです。ただし、この株式数には、現時点では株じゃないけど潜在的存在する株式というものがあります。今回はこの二つの違いを説明していきます。

続きを読む

19 September

REIT投資に役立つ株価指標

REIT(不動産投資信託)に投資をする場合に役立つ株価指標(REITの価格は投資口価格というので本当は投資口価格指標というのでしょうが、ここでは株価指標と統一します)をまとめます。株価に関する株価指標にはPERやPBRなどがありますが、REITに関する株価指標についてはあまり知られていないようです。

今回は代表的なNAV倍率とFFO倍率という二つのREIT株価指標についてまとめていきたいと思います。

続きを読む

27 August

騰落レシオで相場の過熱・売られ過ぎを分析する

株式相場における市場の過熱・売られ過ぎを示す分析指標として有名な指標が「騰落レシオ(とうらくれしお)」と呼ばれるものです。過去25日間における値上がり銘柄数を値下がり銘柄数でわったもので、%で表現されます。数字が大きくなるほど、相場の過熱感を示します。

続きを読む

30 July

株価指標「PBR(株価純資産倍率)」の意味と読み取り方

昨日のPER(株価収益率)に引き続いて株価指標の読み方第2弾はPBR(株価純資産倍率)です。PBR=Price Book Ratioの略です。Priceは株価、Bookは帳簿を意味しています。どういう株価指標かというと、企業の時価総額が企業のもっている純資産(資産から負債を除いたもの)の何倍くらい評価されているかという指標です。企業の資産と株価の関係を示している株価指標でPERと並んで利用されます。

続きを読む

26 July

株価指標「PER(株価収益率)」の意味と読み取り方

株価指標の中でも代表的な指標として挙げられるのが「PER(ピーイーアール)」です。Price Earnings Ratioの略称で、日本語では「株価収益率」とも呼ばれます。株価の割安・割高を分析するための指標として幅広く利用されている株価指標です。今回はこのPERの意味と読み取り方、相場での活用法を詳しく解説していきます。

続きを読む