松井証券

楽天証券、SBI証券、松井証券が投資信託を100円から買える。お小遣いで投資ができます。

100円くらい買ってどうするの?という疑問の声もあるかもしれませんが、ネット証券の中で投資信託の最低購入価格の引き下げ競争が勃発しています。

きっかけとなったのは「楽天証券で楽天ポイントを使って投資信託が買えるようになる」でも紹介した楽天証券が楽天ポイントで投信を買えるようにしたことで、ついでに最低購入金額を100円にすると発表しました。これを受けてかどうかわかりませんが、大手ネット証券のSBI証券や松井証券もそれぞれ100円で買えるように変更してきました。

続きを読む

松井証券がロボアド活用の投信積み立てサービス「投信工房」を開始

toshinkobo

大手ネット証券の一つである松井証券が、新しくロボアド(ロボット・アドバイザー)を活用した投資信託の積立投資サービスの「投信工房」というサービスを開始しています。投信工房は投資家がとれるリスクの大きさに応じて最適なアセットアロケーションを提案してくれる投資信託サービスです。

取り扱っている(ロボアド対象の)ファンドはいずれもローコストファンドとして人気の高いファンドで、他のファンドラップ系のロボアドと違い管理手数料もかかりません。投資初心者に特におすすめできそうなサービスとなっています。

今回はそんな松井証券の投信工房を紹介していきます。

続きを読む

最適ポートフォリオを提案!ロボアド(ロボアドバイザー)とは何か?

omocha_robot金融と技術を組み合わせる「フィンテック(Fintec)」が注目されていますが、その中の一つとして資産運用における顧客にとって最適なポートフォリオを構築するロボアド(ロボアドバイザー)というものがあります。このロボアドとはいったいどのようなサービスで、個人投資家はどのように活用すればよいのでしょうか?

今回はそんなロボアドの紹介と、実際に個人投資家が利用できるロボアドサービスを紹介していきます。

続きを読む