当ブログのおすすめをご紹介します。

手数料

株の売買手数料を節約。「現引き」「現渡し」を使った現物株売買のやり方

margin先日「株を買うときは信用取引で買うのと現物を買うのとではどちらがお得なの?」の記事を書きました。信用取引の方が手数料は安いことが多いけど、金利がかかるから超短期は別として長期の保有は損ですよ、と書きました。その応用技となるのが今回のテクニックです。信用取引の「現引き」「現渡し」を活用することで、株の売買手数料を節約するというものです。特に信用取引手数料が安い証券会社を活用すれば売買手数料も抑えられます。

続きを読む

投資信託を銀行や証券会社の窓口で買ってはいけない

投資の初心者の方や未経験者の方は銀行や証券会社の窓口で投資信託を買ってはいけません。最近は銀行でも投資信託を始めとした投資相談窓口などを開いており、投資についての相談に乗りますよー。といったPRをしていますが、これに引っかかって相談をすると、手数料がバカ高い投資信託を買わされてしまう可能性が高いです。今回はなぜ、投資初心者が金融機関において窓口で相談して投資信託を買ってはいけないかを説明します。

続きを読む

証券会社の手数料の種類と比較方法

証券会社で株取引をするとき、まずはじめに手数料タイプを選択することになります。多くの場合、スタンダードなのは売買の都度、売買代金に応じて手数料を支払うのが主流ですが、一日定額タイプや一カ月定額タイプのように証券会社によっては独自の手数料体系を提供している会社も多くあります。投資家の投資額、投資スタイルなどによっては、どの手数料プランがお得になるのかが変わってきます。
今回は、こうした証券会社手数料の種類とその特徴および、どうやって手数料タイプを選ぶべきかを解説していきます。

続きを読む

楽天銀行「ゴールドラッシュプログラム」まとめ

楽天銀行が提供している人気のサービス「ゴールドラッシュプログラム」です。賛否両論あり、楽天銀行以外の金融機関からは嫌われているこのサービスですが、預金者(利用者)にとっては、メリットのあるサービスとなっています。今回はこの楽天銀行ゴールドラッシュプログラムについてのまとめをしていきたいと思います。

ゴールドラッシュプログラムは2012年12月28日をもって終了します。以後は利用できませんのでご注意ください。

続きを読む

2014年版 振込手数料が無料の銀行のまとめ

2014年3月時点で、他の銀行への振込手数料が無料になる銀行をまとめます。
最近では、ネットバンク系を中心に振込手数料の一部無料化がすすめられていますが、預金者としてはこうしたものを上手に活用したいところですね。特にネットオークションなどを使っている方は必然的に振込回数が増えるでしょうから、こうしたサービスは特に魅力的かと思います。

続きを読む

信用取引のコスト比較は手数料よりも金利が重要

証券会社で株取引、特に信用取引をするという方が増えているようです。ネット証券の普及により信用取引がより手軽に行えるようになってきたのも背景かと思います。さて、そうした信用取引をするときに注意したいが「金利・貸株料」の概念です。現物株の取引コストは「手数料」が中心だったわけですが、信用取引の場合はこうした「金利コスト」を重視する必要があります。

続きを読む