定期預金

退職金専用の定期預金の金利が高い理由はなぜ?

deposit各銀行とも力を入れているのは「退職金専用の定期預金」です。満期までの期間は短めですが、ネット銀行の定期預金などと比較してもはるかに高い金利で運用できるというのが大きな特徴です。正直言って、この金利水準の定期預金を提供して利益が出る銀行はありません。基本的に「損をして預金を集めている」というのが現状です。それはなぜなのでしょうか?

続きを読む

資産運用で注意したい「年率換算」の罠

10per投資や資産運用の場面で注意したいものがあります。それは「年率換算」という言葉です。銀行や証券会社などが使うこの年率換算は多くの場合、その投資商品をよりよく見せる時に使われることが多いからです。その中でも代表的なものが「高金利の定期預金」です。定期預金キャンペーなどで絶対に注意したい年率換算の罠についてまとめます。

続きを読む

貯金できない人は「積立貯金」を始めよう、メリット・デメリット

chokin貯金したいと思っているけどなかなか貯金できない。そんな方にお勧めなのが「積立貯金」です。毎月一定額を普通預金から天引きする形で始められる預金の一種で、多くの銀行で受け付けています。

お給料日などの収入が入ってくる日に天引き設定しておけば、自動的に貯金できます。多くの調査でも、残ったお金を貯金仕様とする人よりも最初から貯金する人の方が貯金が成功しているという結果が出ています。今回は貯金出来ない人にお勧めの積立貯金の特徴とメリット、デメリットをまとめていきます。

続きを読む

注意したい定期預金と投資信託の抱き合わせ販売

最近、銀行のキャンペーン情報などを見て思うのが、定期預金と投資信託を抱き合わせるかのような販売方法です。たとえば、投資信託購入額と同額の定期預金金利を2ヶ月限定で年利7%でご提供といったようなキャンペーンです。超低金利の時代に7%の定期預金金利は相当な魅力に見えますよね?でも、実はお徳でもなんでもなかったりするキャンペーンも多いのが現状です。今回はこの定期預金と投資信託の抱き合わせ販売キャンペーンについてみていきます。

続きを読む

定期預金と当座貸越。解約と借入はどちらがお得か?

銀行で総合口座を開設している状態で、定期預金を組むと定期預金をしている金額の一定範囲内で「当座貸越」といって、お金を借りることができます。借り方は特別な手続きは必要なく、普通預金口座から、普通預金の範囲を超えてお金を引き出すことができるようになっています。今回は定期預金と当座貸越の関係と、定期を解約したほうがいいのか、それとも当座貸越でお金を借りた方がいいのかを検証していきます。

続きを読む

定期預金満期時の自動継続における元利継続と元本継続

定期預金が満期になったとき、通常は大きく「解約する」という方法と「自動継続する」という方法の2種類を選択することができます。解約した場合はそのまま普通預金口座に払い戻されますが、「自動継続」を選択していた場合には、再び定期預金に預け入れがなされます。今回は定期預金における自動継続のしくみや、その際の元利継続・元本継続についてまとめていきます。

続きを読む

新生銀行の2週間満期預金のメリットとデメリット

預金残高が1兆円を超えているという新生銀行が提供している2週間満期預金。名前の通り2週間という超短期で満期になる本預金は流動性と拘束期間から考えた金利の高さが魅力なようです。できるだけリスクは少なく高金利で運用したいというニーズによってかなりの額の預金を集めているようです。
今回はこの預金について具体的な商品スペック、メリット・デメリットを解説していきたいと思います。

続きを読む