当ブログのおすすめをご紹介します。

ネット証券のスマホ株アプリの比較

hyperkabu株取引においてはパソコンだけでなく、スマートフォンを通じて取引や情報収集をしている方も多いことかと思います。そんな時にやっぱり便利なのが株取引の専用アプリです。今回は大手ネット証券を中心としたスマホ株アプリの紹介とそれぞれのサービスの長所、短所の比較をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

スマホ株アプリ(専用アプリ)のメリット

そもそもスマートフォンなら、ネット証券(証券会社)が用意しているブラウザサイトから直接ログインして株取引をすることが可能です。多くのサイトはスマートフォン向けにサイトを最適化しているので単純な取引なら問題ないでしょう。

ただ、株取引については株価の変動などをリアルタイムに表示する必要がありますし、チャートやニュース、取引画面なども専用に最適化されている方が使用しやすいです。

銘柄の登録やログイン情報の登録のように、自分が見たい情報まで最短経路でアクセスできるのも株のスマホアプリを利用するメリットといえるでしょう。

今回はその中でも特に、私が実際に試してみた上でのスマートフォン用の株アプリを紹介していきたいと思います。

 

SBI証券のHYPER 株アプリ

hyperkabu現物や信用取引を始めとしてNISA取引にも対応したスマートフォン用の株アプリ(iPhone/android対応)です。頻繁に売買したい方に最適なスピード感のある売買が可能な「スピード注文機能」は使い勝手が良いです。もちろん、通常通りのリアルタイムの板情報を見ながら注文を出すこともできます。

ニュース情報、マーケット情報、ランキング情報、四季報情報、高機能なテクニカルチャートなどもスワイプなどで手軽に画面遷移ができる他、気になる銘柄の登録などももちろんできます。

機能面に不足のない充実したスマホ株アプリといえるでしょう。NISA取引にも対応しています。

>>SBI証券公式ホームページはこちら

 

楽天証券のiSPEED

ispeedPC版の取引ソフト(Market Speed)は多くの投資家から高い評価を受けていますが、同社のスマホ株アプリ「iSPEED」も同様に高評価のアプリとなっています。なお、楽天証券に口座を持っていなくても一部機能は利用可能です。

ほぼ万能的なサービス内容のアプリとなっています。株取引はもちろん、特にニュース情報の配信については個別銘柄単位でも閲覧することができ、保有株に対する最新の情報が移動中でも手に入ります。

iPad(タブレット)専用のアプリ(iSPEED for iPad)もあります。こちらは大画面のタブレット用により情報が見やすい配置(4画面チャートなど)となっています。タブレット(iPad)からも注文はもちろん可能になっています。

NISA口座対応済み。

>>楽天証券公式ホームページはこちら

 

カブドットコム証券のkabu.com for iPhone/Android

kabucomforiphone「kabu.com for iPhone」「kabu.com for Android」のOSに合わせた2種類のアプリが用意されています。機能面はどちらもほぼ同じです。

PC版とそん色ない多数の特殊注文(OCO(W指値)、IFD(Uターン)、±指値、リレー注文)が利用可能になっており、お出かけ先でも様々な戦略的な注文が可能です。

移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACDを含む26種類のテクニカルチャートも2016年3月現在ではスマホ株アプリの中では最多水準です。

株式取引(現物、信用)以外にも先物取引、オプション取引、店頭FX、くりっく365(FX)、取引所CFD、プチ株(単元未満株)、投資信託、外貨建MMFにも同じアプリからアクセス可能となっています。

スマホ株アプリ上から入出金手続きが可能です。また、NISA口座にも対応しています。

>>カブドットコム証券公式ホームページはこちら

 

松井証券の株touch

kabutouchデイトレーダーのように株取引にスピード感を求めている方に最適なスマホ株アプリです。
スピード注文や約上のPush通知のように外出先(スマートフォン)でも積極的な取引をしたいという方におすすめできます。

テクニカルチャート移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、エンベロープ、MACD、ストキャスティクス、RSIなどに対応しています。

なお、NISA口座は非対応です。

 

以上、ネット証券のスマホ株アプリの比較でした。いまのところ、使用してみたのが上記の4証券になっていますが、今後も増やしていく予定です。また、各アプリの情報(機能)がアップデートされたらこの記事も修正していく予定です。