ポイント投資

セゾンの永久不滅ポイント運用サービスの特徴と注意点、コース選びのコツ

日本のクレジットカード会社のクレディセゾン(セゾン)が発行しているクレジットカードの利用で貯まるポイント『永久不滅ポイント』があります。

この永久不滅ポイント運用サービスというポイント投資がスタートしています。クレジットカードで貯めたポイントを運用して殖やすことができるわけです。今回はそんなセゾンの永久不滅ポイント運用サービスの特徴や注意点、投資におけるコース選択のコツなどを紹介しいていきます。

永久不滅ポイントとはどんなポイント?

セゾンカードの利用で貯まるポイントです。

一部の提携カードを除き、クレジットカードの利用でポイントが貯まります。その名前の通り永久不滅で、会員がカードを解約(退会)しない限りはポイントに有効期限がりません。

多くのクレジットカードのポイントの有効期限が1年~3年程度であることを考えると驚異的です(一般にポイントは企業にとって債務として計上する必要があるため、期限を設けることが多い)。

無期限というのは利用者にとっては失効リスクがなくお得です。年間のクレジットカード利用金額が小さい人にとっても、これは大きなメリットです。

参考:ポイントの有効期限に注意してクレジットカードを選ぶ

その一方でセゾンカード系はポイント還元率が低めです。おおよそ0.5%程度になっていることが多く、楽天カード(1%還元)などと比べるとお得度は低い感じになっていますね。

参考:セゾンカードインターナショナルのクレジットカード

永久不滅ポイント運用サービス

永久不滅ポイント運用サービスは2016年12月にスタートした永久不滅ポイントを“運用”できるサービスです。これまでポイントというのは、基本的には貯めておくだけでしたが、運用することで、増やすこともできるようになりました。

クレディセゾンはマネックス証券と親密で、米投資信託運用会社のバンガードと組んだ、MSV LIFEというロボットアドバイザー運用サービスを行っています。

あわせて読みたい
MSV LIFE(マネラップ)のメリット、デメリット。マネックス証券のロボアド MSV LIFE(愛称:マネラップ)はマネックス証券と投資信託大手の米国バンガード社が連携して提供しているロボアド(ロボ・アドバ...

そのMSV LIFEのロボアド運用を利用したのが永久不滅ポイント運用サービスです。ポイントを疑似的に運用して、そのリターンをポイントとして受け取ることができます。

永久不滅ポイントをポイント運用口座にチャージしてそれを4つのコースに選んで投資できます。チャージは100ポイント単位で、運用口座内では1ポイント単位で運用できます。

永久不滅ポイント運用サービスの投資対象

  • 日本株(TOPIX)連動
  • アメリカ株(S&P500)連動
  • アクティブコース
  • バランスコース

上記の4つから選択することができます。

TOPIXやS&P500が追加されてわかりやすくなりましたね。この二つはETF投資をポイントで疑似運用していることになります。

永久不滅ポイント運用サービスの注意点は配当金

TOPIXやS&P500に投資をする場合は注意が必要です。

この二つに投資をする場合、配当金(分配金)が考慮されません。普通にETF(上場投信)を購入する場合、TOPIXもS&P500も配当金が出ますが、ポイント運用の場合は配当金が出ません。

TOPIXで1%程度、S&P500なら1.5%程度の配当金が期待できるETFなのに、セゾンポイント運用サービスで投資をすると配当金が出ません。それが手数料相当と考えればいいのかもしれませんが、それをするくらいなら現金投資をするほうが良いように思われます。

永久不滅ポイント運用のコース選び

前項のような注意点があるので、今のところ永久不滅ポイントは「アクティブコース」か「バランスコース」のどちらかがおすすめです。

アクティブコースはハイリスクハイリターン型、バランスコースはミドルリスクミドルリターンタイプです。個人的には、ポイントの運用というのはリスクが取れる運用だと思うので、アクティブコースでいいんじゃないかと思いますが、この辺りはポイントの使い道によるかと思います。

永久不滅ポイント運用サービスの始め方

セゾンカードをお持ちの方はセゾンの会員ページ「Netアンサー」に登録すれば登録完了です。手続きは超簡単ですね。

ちなみに、複数枚のセゾンカードをお持ちの方は、Netアンサーで登録をすればポイントを一枚にまとめることもできます。ちなみに、同一住所なら家族のポイントも合算可能ですよ。

ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。