最適ポートフォリオを提案!ロボアド(ロボアドバイザー)とは何か?

omocha_robot金融と技術を組み合わせる「フィンテック(Fintec)」が注目されていますが、その中の一つとして資産運用における顧客にとって最適なポートフォリオを構築するロボアド(ロボアドバイザー)というものがあります。このロボアドとはいったいどのようなサービスで、個人投資家はどのように活用すればよいのでしょうか?

今回はそんなロボアドの紹介と、実際に個人投資家が利用できるロボアドサービスを紹介していきます。

スポンサーリンク


ロボアド(ロボアドバイザー)とは何か?

ロボアド(ロボアドバイザー)に明確な定義があるわけではありませんが、アルゴリズムによる自動投資やポートフォリオの提案などを行うサービスです。

たとえば、株や投資信託などでポートフォリオを組む場合、そのリスク許容度に合わせて最適なポートフォリオがあります。

最適ポートフォリオは一定の期待収益をもたらす中でリスクが最も小さくなる効率的なポートフォリオを意味します。たとえば、日本株40%、世界株50%、新興国債券10%といった具合です。
この最適ポートフォリオを個人が判断するというのは膨大なデータ等を分析する必要があるため、そんなに簡単なことではありません。

ロボアドはそうしたポートフォリオの配分方針(アセットアロケーション)などを個人のリスク許容度等に応じて自動的に提案してくれるというフィンテックの一つです。

 

ロボアド(ロボアドバイザー)による資産運用提案とは?

たとえば、年齢や年収、現在の預貯金、資産運用の状況、リスクに対する考え方などの様々な質問に回答することで、アセットアロケーションを提案してくれる形になっています。

特定の資産(アセットクラス)への運用比率で教えてくれる場合もあるでしょうし、よりダイレクトに○○という投信を25%、□□という投信を15%……といった具合に投資するファンド自体をアドバイスしてくれるようなケースもあるでしょう。

ロボアドというのはあくまでもそうしたツールですのでツールによってサービス内容は異なります。

 

ラップ口座よりも手軽に利用できる

投資方針をお任せするサービスとしてはラップ口座やファンドラップ口座(投資一任口座)などがありますが、こうしたサービスは最低預入がそれなりに高いことや「」でも書いている通り、コスト面であまり魅力的とはいえません。

一方のロボアドは米国において、投資初心者の資産形成の支援といった位置づけで普及しておりより手軽に利用することができます。

 

ロボアドなら儲かるのか?

ロボアドの提案はあくまでも期待収益に対するリスクが低い最適なポートフォリオ・アセットアロケーションを提案するツールです。言い換えれば、期待値の高い投資をするということになります。

そのため、ロボアドの助言通りに投資をしたとしても必ずもうかるというわけではありません。

 

2016-2017年は日本国内のロボアド元年になる

2016年は多くの金融機関でロボアドが導入される見通しとなっています。
直近ではカブドットコム証券が2016年5月に投資信託の積み立てサービスの一つとしてロボアドサービスをスマホアプリで導入するほか、楽天証券や松井証券なども2016年中にサービスを開始する見込みとなっています。

個人的にはかなり期待しています。ピンポイントで相場を予想して個別銘柄を買うという方法を否定するわけではありませんが、資産の中長期的な成長を考えるのであれば、期待収益率とリスクのバランスが取れた資産配分で投資を行っていくことだと思います。

ロボアドのようなシステムによって投資がより効率的に行われるようになれば、個人投資家にとっての投資環境というものもより透明で無駄のないものになるはずです。

 

ロボアドを利用したサービスの比較

以下は2017年3月現在において提供されているロボアドを提供している会社を紹介します。サービス名称のところのリンクはそれぞれのサービスの紹介ページ(当ブログ記事)となっています。証券会社のところは公式ページへのリンクとなっています。

サービス名称 証券会社 投資対象 契約内容
MSV LIFE マネックス証券 ETF 投資一任契約
楽ラップ 楽天証券 投資信託 投資一任契約
ウェルスナビ SBI証券 / WealthNavi 海外ETF 投資一任契約
投信工房 松井証券 投資信託 積立投資(総合口座)

 

以上、最適なポートフォリオを構築してくれるロボアド(ロボアドバイザー)とは何か?というお話でした。

スポンサーリンク