株主優待や配当金狙いの証券会社選びのコツ。長期投資におすすめのネット証券比較

long-road-1471584株式投資を短期の売買ではなく、株主優待や配当金などの受け取り、あるいは中長期的な株価上昇などを目的で考えている投資家向けの証券会社選びのコツや、そうした投資にお勧めのネット証券のサービスなども比較していきます。

あなたの投資をより効率的にできる証券会社選びに役立てば幸いです。

続きを読む

株主優待がある上場企業で従業員持株会をやっている方が損しないための手続き

key-in-hand-1313432上場企業の3割超が株主優待制度を設けている現在、株主優待制度がある企業で働いている方も少なくないはずです。また、企業によっては従業員持株会という給料天引き&自社株への積み立て投資が可能な制度が用意されているところも多いでしょう。

補助などが利用できることもあり、従業員持ち株会を利用している人も少なくないと思いますが、従業員持ち株会で株を積み立てするデメリットに「株主優待がもらえない」というところがあります。このデメリット、手続きさえすれば一気に解決するので、損をしないようにしっかりと手続きをしましょう。

続きを読む

2016年6月募集の個人向け国債の利率・金利、キャンペーン情報

nationalbond平成28年6月6日(月)~平成28年6月30日(木)に募集されている個人向け国債3商品(3年満期・5年満期・10年満期)についてそれぞれの募集されている金利情報と、ネット証券を中心に個人向け国債の購入キャンペーンを実施ている証券会社を紹介していきます。

まあ、そうはいっても、この金利状況だと金利紹介をする必要もない最低水準で金利が決まっているので金利比較記事が必要なのかどうかは微妙なんですけど……。

続きを読む

株主優待は法人・企業でも貰えるのか?

yutai株主優待制度は株を所有している株主に対して提供される優待品です。この株主優待は個人が株主になっている場合だけででなく、一般の事業会社や法人、組合、機関投資家などの団体、組織が株主の場合でも提供されるものなのでしょうか?

答えからいうと、株主優待はだれが株主であっても提供されます。なので大企業間で株の持ち合いなどをしている場合はすさまじい優待が送られたりすることもあるそうです。ただし、一般的には優待は上限をつけていることが多いため、大株主などが受け取る優待にも限度があるようです。

続きを読む

IPO投資 証券会社のIPO抽選時の余力と資金拘束のまとめ

counting-money-1239201IPOに応募するために証券会社各社のブックビルディングに応募しているという方も多いのではないでしょうか?そうしたブックビルディングへの応募や抽選への参加について理解しておくべきポイントが一つあります。それは抽選対象になるための資金が確認されるタイミングや資金拘束です。

無制限に投資資金があるという方は別ですが、限られた投資資金で効率よくIPOに申し込みをするためのポイントやコツを紹介していきます。

続きを読む

2016年6月度 住宅ローン金利比較ランキング

ranking-hl2016年6月2日調査の主要銀行、ネット銀行の住宅ローン金利を比較、ランキングしています。住宅ローンの金利に影響を与える長期金利は先月も低空飛行となっておりました。ただ、今月の各銀行のローン金利は一部では利上げ、一部では利下げという具合になりました。借り換えローンを考えている方には引き続き有利な状況が続いているといえそうです。

また、最大のトピックスは「消費税増税の再延期」でしょう。マンションや戸建ての購入などを考えていた方にとって増税前だから駆け込みという形で急いで物件等を探していた方もいらっしゃるでしょうが、少し余裕がでた形です。

続きを読む

2016年6月度 ネットバンク定期預金金利ランキング

ranking-bank2016年6月2日調査時点のネットバンク・銀行の定期預金金利の調査結果です。ご存知の通りのマイナス金利政策によって定期預金の金利水準は都市銀行、地方銀行、ネットバンク問わずに低空飛行しております。そんな中でもキャンペーン金利などで多少底上げをしている銀行もあるので、そうしたところを狙って預金するというのがベストでしょうか。

今月から、静岡銀行インターネット支店でのキャンペーン定期「ウルトラ定期預金」がスタートしています。1年満期のみで0.22%とやや高めの金利となっています。

続きを読む

適時開示情報メール配信や上場企業イベント情報配信の大和IRモニタークラブ

daiwair毎年、株主優待の図鑑みたいな本を出してる大和IR(インベスターリレーションズ)で無料モニターの募集をしています。モニターとはいっても何かを買ったり、試したりするわけではなく、上場企業が実施するIRイベントに実際に参加してもらうためのモニターという意味になります。

また、モニターに登録すると適時開示情報をメールで通知してくれる「TD-COMサービス」も無料で利用することができます。個人的にはこれが無料で使えるだけでもかなりお勧めです。今回はそんな大和IRモニターについて紹介していきます。

続きを読む

FXの口座開設キャンペーン用。低リスクで取引ロットを稼ぐ方法

money-iii-1254139FXの口座開設は比較的魅力的なキャンペーンが豊富です。口座開設+取引で数万円のキャッシュバックといったような案件も多数あります。本来のFX取引はそっちのけで、そんなキャンペーンを渡り歩いて(?)、キャンペーンのキャッシュバック等をもらってばっかりという人も多いようです。

その一方で最近ではこうしたFXキャンペーンの条件も厳しくなってきました。従来は口座開設だけや入金だけでOKだったものが取引○○ロット(枚)以上といったように取引数量が求められるようになっています。

今回はそんなFXの口座開設キャンペーン用に、できる限り低リスクで取引ロットを稼ぐFX取引のやり方を紹介します。

続きを読む

SBI証券で第34回SBI債の募集開始。2016年5月25日16時から先着順で募集。

sbibond毎回完売しているSBI債について第34回債が発行されることになりました。今回はこれまでの抽選方式から「先着順」となっています。応募は2016年5月25日16:00~となっているのでほしい方は準備しておいてください。ただ、今回はマイナス金利の影響もあってか、従来よりも利回りが低めな上にこれまでの1年満期から2年満期へと期間が延びています。

個人向け国債の利回りが0.05%という利回り商品のリターンが極限まで低下している状態では0.7%も比較的高いといえそうですが、全くの無リスクというわけではないのでご注意ください。

続きを読む