03 September

2012年9月度 ネットバンク定期預金金利ランキング

2012年9月度における各ネットバンクの定期預金金利比較ランキングです。今月の定期預金金利の状況はほとんど動きなしといったところです。ソニー銀行が実施していたキャンペーンが終了したので上位陣が少し動いたくらいでしょうか。あと、大きな変更といえば当サイトでも紹介していた「新生銀行2週間満期預金」の金利水準が0.2%→0.15%へと引き下げが行われたことが大きいですね。
0.15%まで低下したとなると、住信SBIネット銀行や楽天銀行の普通預金との差がほとんどなくなるくらいですから、有力な運用先だっただけに残念です。

続きを読む

03 September

2012年9月度 住宅ローン金利比較ランキング

2012年9月3日時点の各銀行が提供している住宅ローン金利の比較記事です。今月は昨月よりは市場金利が持ち直している面もあり、全体的には住宅ローン金利はアップしております。ただし、上げ幅は限定的で変動金利のローンは現状維持で、長期固定金利タイプのローン金利がわずかに上昇している程度となっています。引き続き、フラット35は2%台を割り込んでおり、住宅ローンの利用や借り換えには有利な状況が続いています。

続きを読む

31 August

投資商品・金融商品の取り扱いでネット証券を比較しよう

証券会社はそれぞれで取り扱いが可能な金融商品に差があります。国内株式の売買はどの証券会社でも基本的に可能となりますが、国内株式以外 の外国株式、債券(社債や国債)、投資信託、FX、CFD、オプション取引、先物取引など金融商品には様々な種類があります。これらの取り扱 いについては証券会社の間によってやはり差があります。
今回は国内株以外の、投資商品や金融商品の取り扱いでネット証券を選ぶためのポイントをまとめていきたい思います。

続きを読む

30 August

証券会社の手数料の種類と比較方法

証券会社で株取引をするとき、まずはじめに手数料タイプを選択することになります。多くの場合、スタンダードなのは売買の都度、売買代金に応じて手数料を支払うのが主流ですが、一日定額タイプや一カ月定額タイプのように証券会社によっては独自の手数料体系を提供している会社も多くあります。投資家の投資額、投資スタイルなどによっては、どの手数料プランがお得になるのかが変わってきます。
今回は、こうした証券会社手数料の種類とその特徴および、どうやって手数料タイプを選ぶべきかを解説していきます。

続きを読む

28 August

住宅ローンは総返済額の大小だけでなく資金繰りも重視しよう

住宅ローンをこれから借りようと考えている方、それにすでに住宅ローンを返済中という方にも共通してアドバイスしたいのが、住宅ローンの金利や総返済額という考えはとても大切であることは間違いないのですが、つい忘れられがちな「資金繰り」ということに関して今回は注目して考えていきたいと思います。

続きを読む

27 August

騰落レシオで相場の過熱・売られ過ぎを分析する

株式相場における市場の過熱・売られ過ぎを示す分析指標として有名な指標が「騰落レシオ(とうらくれしお)」と呼ばれるものです。過去25日間における値上がり銘柄数を値下がり銘柄数でわったもので、%で表現されます。数字が大きくなるほど、相場の過熱感を示します。

続きを読む

24 August

楽天銀行「ゴールドラッシュプログラム」まとめ

楽天銀行が提供している人気のサービス「ゴールドラッシュプログラム」です。賛否両論あり、楽天銀行以外の金融機関からは嫌われているこのサービスですが、預金者(利用者)にとっては、メリットのあるサービスとなっています。今回はこの楽天銀行ゴールドラッシュプログラムについてのまとめをしていきたいと思います。

ゴールドラッシュプログラムは2012年12月28日をもって終了します。以後は利用できませんのでご注意ください。

続きを読む

23 August

投資評価と「利回り」の概念を理解する

株式投資や債券投資、投資信託投資など様々な投資において、その投資の成果を把握するための基準となるのが「利回り」という概念です。投資にたしいて1年間あたりに得られる収益の割合が利回りになるわけですが、この「利回り」という言葉、正確に理解しておかないと怪しい広告文などに引っかかってしまうことがあります。今回はこの「利回り」の概念、正しい捉え方を考えていきましょう。

続きを読む

22 August

資産運用と家計の損益計算書分析

前回の記事「資産運用と家計のバランスシート分析」の続きです。今回は「損益計算書(P/L)」を使った家計診断です。損益計算書は名前の通り「損益(収入と支出)」を分析するための会計資料の一つです。本来は企業財務分析向けのツールなのですが、一般家計の診断にも十分応用することができます。
今回は家計の損益計算書の書き方をまとめていきます。

続きを読む