未成年でも株取引の口座を作れる証券会社のまとめ

what

未成年(20歳未満)の方でも株式投資・株取引用の口座を開設することができるネット証券をまとめていきます。以前はかなり限られていたのですが、2015年に始まったジュニアNISAによって、多くの証券会社で未成年(こども)の証券口座開設に踏み切ったようです。

銀行預金とは違って、株式投資・株取引については損失が発生する可能性があるため、未成年の方が行う契約は親権者の同意が必要となります。そうしたこともあり、成人用の口座と違いいくつかの制約があるケースもあります。

続きを読む

一風堂を運営する力の源ホールディングス(3561)のIPO情報

chikara-minamoto力の源ホールディング(3561)が東証マザーズに上場します。博多ラーメンとして人気の高い一風堂を運営している会社ですね。日本国内ではもちろん、ニューヨーク、シンガポール、中国、フランス、イギリスなどにも店舗を展開しています。

一風堂の他、「五行」「RAMEN EXPRESS」、「名島亭」などの別ブランドの展開も行っています。博多ラーメンを提供する企業という事もあり、現時点でも本社は福岡市にあります。

続きを読む

まんが王国のビーグリー(3981)がIPO。東証マザーズに上場。

beaglee-ipoまんが王国というコミック配信サービスを提供しているビーグリーが2017年3月17日(金)に東証マザーズに上場します。電子コミック(Web漫画)のサービスを行っています。主幹事はSMBC日興証券となっています。

オファリングレシオ(公開比率)が約9割で大型のIPOとなりますので、好調なIPOでも軟調な動きとなるかもしれません。

続きを読む

SBI証券のロボアド(WealthNavi for SBI証券)のサービス開始

sbi-wealthnavi

大手ネット証券で続々とサービスを開始しているロボアドとそれを利用した資産運用サービス。ネット証券最大手のSBI証券も2017年1月31日よりサービスを開始しました。

WealthNavi for SBI証券というサービスで、ウェルスナビというロボアド活用の投資サービスを提供している会社と連携した投資一任契約による投資サービスとなっています。海外ETFに対して投資方針に合わせて自動投資してくれるサービスとなっています。

今回はそんなSBI証券のWealthNavi for SBI証券について紹介します。

続きを読む

楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)。誰でも1年間手数料無料へ

rakuten-ideco

2017年1月より加入可能な人が大幅に拡大となったiDeCo(個人型確定拠出年金)ですが、楽天証券がかなり力を入れて取り組みを始めています。

そもそも個人型確定拠出年金(iDeCo)については「401k比較 個人型確定拠出年金におすすめの金融機関を徹底比較」でも紹介したように金融機関によって取り扱いのファンドが違ったり、運用管理手数料が異なるという事を説明しました。

その中でも楽天証券は手数料も安くファンドも充実していると書きましたが、今回のキャンペーンで事実上の手数料無料を果たしています。個人型確定拠出年金を始めるのであれば、第1選択となりそうです。

続きを読む

柔らかいIPOを目指す糸井重里の「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」のIPO情報

hobonichi

ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)というサイトをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。こちらが2017年3月ごろを予定としてIPOするとうことを発表してネットでやや話題となっています。

ほぼ日はコピーライターの糸井重里が書くコラム・エッセイなどが記載されているメディアです。メディアにはほとんど広告もなく、ほぼ日の収益源は大半が物販サイト(ほぼ日手帳)による物販収入となっているようです。

柔らかいIPOという言葉で、糸井氏が使われているように普通の上場企業とは違ったイメージの会社です。IPOの注目度自体はかなり高くなることも予想されます。

続きを読む

2017年2月度 住宅ローン金利比較ランキング

housingloan-ranking

2017年2月1日時点の住宅ローン金利を比較していきます。住宅ローン金利の指標ともなる長期金利はやや金利が上昇傾向にあるものの、住宅ローン金利については据え置き、あるいは引き下げという動きが出ています。需要期に向けての競争が働いているともいえそうです。

続きを読む

2017年2月度 ネットバンク定期預金金利ランキング

bank-ranking

2017年2月1日時点のネットバンクの普通預金や定期預金の金利情報をまとめます。定期預金等の預金金利はほぼ変動なしの状況になっています。正直言って魅力度の高い預金があるわけではないので、金利が高めの普通預金などで代替しておくというのも一つの手かもしれません。

続きを読む

アンケートサイトのマクロミルが上場廃止を経て再度IPO

macromillインターネットを利用した調査会社(オンライマーケティング・リサーチ)であるマクロミルがついにIPO(新規上場)を果たします。マクロミルは2014年4月に一度上場を廃止したという経緯があり、再上場という形になります。

ファンド傘下として再生していたため、ファンドにとってのイグジットのためにもIPOは欠かせないため、上場は既定路線といえます。

続きを読む