当ブログのおすすめをご紹介します。

楽天証券で楽天ポイントを使って投資信託が買えるようになる

大手ネット証券の楽天証券は2017年夏ごろをめどに、楽天市場の利用などでたまる「楽天スーパーポイント」を使って、投資信託を購入することができるサービスを開始するということです。このサービスの開始にあたって、投資信託の最低購入価格を現在の100円単位に引き下げることも発表しています。

現在はスポット購入は10000円以上、積立投資の場合1000円以上ということを考えると大幅な引き下げとなりますね。

続きを読む

2017年5月度 住宅ローン金利比較ランキング

2017年5月1日時点の住宅ローン金利を比較していきます。2017年4月に大手行(都市銀行)が住宅ローン金利を大幅に引き上げたこともあって、今月は連れ高を心配していましたが、ネット銀行系の住宅ローン金利は引き続き低いままとなっています。

今月は各銀行で引き上げに動いた銀行、引き下げに動いた銀行とまちまちとなっています。

続きを読む

休むも相場の意味

休むも相場(休むも相場なり)とは相場格言の一つで、冷静に相場と向き合うためにも常に市場で取引をするのではなく、たまには休んで自分のトレードはもちろん、相場全体も冷静に見つめてみようという意味になります。

ちなみに、「売り買い休め」、「売るべし 買うべし 休むべし」、「売り買い休みの三筋道」といった格言もほぼ同様の意味となります。

続きを読む

NISA利用者は2017年9月にマイナンバーを通知しておくと楽

2016年1月から証券会社の口座開設にあたってはマイナンバー(個人番号)が必要になりました。そして、既存の利用者も2018年12月までにはマイナンバーを提出しないといけないことになっています。

そんな既存利用者向けのマイナンバーですが、NISA(小額投資非課税制度)を利用している人は第一期間が2017年12月31日に終了することと関係があります。どうせ提出しないといけないのなら早めの提出がおすすめです。

続きを読む

2017年4月度 住宅ローン金利比較ランキング

housingloan-ranking

2017年4月3日時点の住宅ローン金利を比較していきます。ネットバンク系の住宅ローン金利は前月とさほど変わりのない動きとなっています。一方で、都市銀行系では金利引き上げの動きが出てきています。特徴的なのが三菱東京UFJ銀行で10年固定0.55%が1.05%と倍近い引き上げとなっています。

今のところは他行も追随はしておりませんが、今後の動きには注意したいところですね。

続きを読む

2017年4月度 ネットバンク定期預金金利ランキング

bank-ranking

2017年4月3日時点のネットバンクの普通預金や定期預金の金利情報をまとめます。定期預金等の預金金利はほぼ変動なしの状況になっています。定期預金金利は全体として渋く、イオン銀行の0.12%普通預金が最善といえそうな状況になっています。

続きを読む

回転寿司のスシロー運営のスシローグローバルホールディングスが上場

susiro

回転寿司チェーンのスシローを運営しているスシローグローバルホールディングスが東証に上場します。ブックビルディング期間は2017年3月14日~3月17日となっています。上場日は3月30日を予定しています。

スシローに関しては前身である「あきんどスシロー(2781)」が東証2部に上場していましたが、投資ファンドによるTOBなどを経て2009年4月にいったん上場廃止となっているので、事実上の再上場となります。

IPO案件としては個人的には微妙に弱気判断しています。

続きを読む

MSV LIFE(マネラップ)のメリット、デメリット。マネックス証券のロボアド

msvlife

MSV LIFE(愛称:マネラップ)はマネックス証券と投資信託大手の米国バンガード社が連携して提供しているロボアド(ロボ・アドバイザー)とETF投資とを組み合わせたラップ口座(投資一任運用)のサービスとなっています。MSV LIFE(マネラップ)は預かった資金を投資家の投資目的・投資資金の性質・投資に対するリスクの考え方などに合わせて、最適なポートフォリオを構築し、自動運用してくれるサービスです。

今回はそんなMSV LIFEの紹介とそれを活用するメリットとデメリットについて分かりやすくまとめていきたいと思います。

MSV LIFE公式ホームページ

続きを読む

マネックス証券が米国ETF28銘柄の実質手数料無料化!これはすごい。

zeroetf

大手ネット証券の中でもマネックス証券は米国株を中心とした外国株取引に力を入れてきましたが、2017年2月27日より、米国のETFの株式委託手数料実質無料とする「ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)」というサービスを開始しました。

米国ETFに手軽に分散投資が可能な銘柄も多いのですが、外国株という扱いになるので手数料が高かったのですが、それがこうして実質無料という形になるのは素晴らしいと思います。

続きを読む