当ブログのおすすめをご紹介します。

2017年8月 住宅ローン金利比較ランキング

2017年8月1日時点の住宅ローン金利を比較していきます。今月のローン金利は大手の都市銀行系は10年固定の金利引き上げに動きました。

ネットバンク(ネット銀行)についても全体として金利の引き上げという動きになっています。特に35年固定といった長期固定金利タイプでその動きが大きいです。ただし、引き上げ幅自体は小幅です。

スポンサーリンク


※掲載している住宅ローン金利は店頭金利ではなく、引き下げ後の金利を掲載しています。また、固定金利住宅ローンの金利優遇については「一定期間タイプ」の優遇金利を元に掲載しております。なお、団信別、保証料が必要な銀行については金利横に注記を入れております。

 

変動金利住宅ローンランキング

住信SBIネット銀行が金利引き下げ、新生銀行が引き上げてランク外となりました。

1位:住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン 0.444%
2位:じぶん銀行住宅ローン 0.497%
3位:ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン 0.499%

※住信SBIネット銀行は頭金20%以上の場合の金利水準

 

固定金利住宅ローンランキング

先月に続きソニー銀行は金利引き下げに動きました。他の銀行は期間によって引き上げ、引き下げとまちまちな動きとなっています。

 

5年固定金利編
1位:住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン 0.47%
2位:イオン銀行 住宅ローン 0.50%
3位:じぶん銀行住宅ローン 0.53%

 

10年固定金利編
1位:じぶん銀行住宅ローン 0.59%
2位:住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン 0.66%
3位:イオン銀行 住宅ローン 0.69%

 

35年固定金利編
1位:フラット35(住信) 1.12%・・団信加算後:1.42%
2位:住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン 1.31%
3位:ソニー銀行 住宅ローン 1.463%

 

※ソニー銀行の金利は10%以上の頭金を入れた場合の金利となっております。なお、「保証料」が必要となる住宅ローンの場合には金利に+0.2%を 上乗せしております。また、団信(団体信用生命保険)のない住宅ローン(フラット35など)については、金利に+0.3%を加算しております。

 

<<フラット35Sについて>>
省エネなどの基準を満たしたフラット35S対象物件の場合には、5年または10年間、上記金利より金利が-0.3%されます。基準を満たす必要はあります が、満たせる住宅であればかなり有利に住宅ローンを組めます。なお、フラット35Sについては年間の予算がありますのでご注意ください。

※各銀行のリンク先は住宅ローン比較.comの比較ページです。各銀行の事務手数料や保険(団体信用生命保険)、その他サービス内容なども参考にしてみてください。

 

今後の住宅ローン金利の予想について

住宅ローン金利の指標といえる長期金利は、7月に久々に指値オペが行われたように金利の上昇が起こりました。その後の金利は再び低下して安定しております。

8月は全般的にやや金利引き上げという動きとなりましたが、今後も上昇し続けるという状況ではないと思います。狭い金利のレンジで上下する動きを想定しています。

以上、2017年8月のネット銀行を中心とした住宅ローン金利を比較しました。

スポンサーリンク