株式投資

15 June

2016年6月の人気株主優待と過去の逆日歩情報

yutai6月の株主優待は1年を通して4番目に多い月です。カゴメや日本マクドナルドなどのように株主優待として特に人気の高い優待企業も多いです。

今回はそんな6月株主優待銘柄の中でも定番銘柄や人気が拡大している銘柄の紹介のほか、株主優待投資のコツや注意点、クロス取引を考えている方のための過去の逆日歩情報などを発信していきます。

続きを読む

15 June

株主優待や配当金狙いの証券会社選びのコツ。長期投資におすすめのネット証券比較

long-road-1471584株式投資を短期の売買ではなく、株主優待や配当金などの受け取り、あるいは中長期的な株価上昇などを目的で考えている投資家向けの証券会社選びのコツや、そうした投資にお勧めのネット証券のサービスなども比較していきます。

あなたの投資をより効率的にできる証券会社選びに役立てば幸いです。

続きを読む

14 June

株主優待がある上場企業で従業員持株会をやっている方が損しないための手続き

key-in-hand-1313432上場企業の3割超が株主優待制度を設けている現在、株主優待制度がある企業で働いている方も少なくないはずです。また、企業によっては従業員持株会という給料天引き&自社株への積み立て投資が可能な制度が用意されているところも多いでしょう。

補助などが利用できることもあり、従業員持ち株会を利用している人も少なくないと思いますが、従業員持ち株会で株を積み立てするデメリットに「株主優待がもらえない」というところがあります。このデメリット、手続きさえすれば一気に解決するので、損をしないようにしっかりと手続きをしましょう。

続きを読む

12 June

株主優待は法人・企業でも貰えるのか?

yutai株主優待制度は株を所有している株主に対して提供される優待品です。この株主優待は個人が株主になっている場合だけででなく、一般の事業会社や法人、組合、機関投資家などの団体、組織が株主の場合でも提供されるものなのでしょうか?

答えからいうと、株主優待はだれが株主であっても提供されます。なので大企業間で株の持ち合いなどをしている場合はすさまじい優待が送られたりすることもあるそうです。ただし、一般的には優待は上限をつけていることが多いため、大株主などが受け取る優待にも限度があるようです。

続きを読む

10 June

IPO投資 証券会社のIPO抽選時の余力と資金拘束のまとめ

counting-money-1239201IPOに応募するために証券会社各社のブックビルディングに応募しているという方も多いのではないでしょうか?そうしたブックビルディングへの応募や抽選への参加について理解しておくべきポイントが一つあります。それは抽選対象になるための資金が確認されるタイミングや資金拘束です。

無制限に投資資金があるという方は別ですが、限られた投資資金で効率よくIPOに申し込みをするためのポイントやコツを紹介していきます。

続きを読む

27 May

適時開示情報メール配信や上場企業イベント情報配信の大和IRモニタークラブ

daiwair毎年、株主優待の図鑑みたいな本を出してる大和IR(インベスターリレーションズ)で無料モニターの募集をしています。モニターとはいっても何かを買ったり、試したりするわけではなく、上場企業が実施するIRイベントに実際に参加してもらうためのモニターという意味になります。

また、モニターに登録すると適時開示情報をメールで通知してくれる「TD-COMサービス」も無料で利用することができます。個人的にはこれが無料で使えるだけでもかなりお勧めです。今回はそんな大和IRモニターについて紹介していきます。

続きを読む

19 May

個人投資家が陥りがちな確証バイアスとその予防方法

sns_tsukare確証バイアスというのは一言でいうと、都合のいい情報だけを見つけようとする傾向のことです。投資に関する情報を集めるとき、Twitterや掲示板は確かに有用なケースもありますが、確証バイアスに利用されることが多々あります。

今回は個人投資家が注意したい確証バイアス(Confirmaiton Bias)について紹介していきたいと思います。

続きを読む

13 May

2016年5月の人気株主優待と過去の逆日歩情報

yutai5月も4月に続いて決算企業が少ないため、株主優待の権利月としている会社は少ないです。2016年5月の優待銘柄数は31社です。還元率の高い人気銘柄も少ないので株主優待投資をしている方には少し寂しいですね。

今回はそんな5月株主優待銘柄の中でも定番銘柄や人気が拡大している銘柄などを紹介していきます。

続きを読む

02 May

行き過ぎもまた相場の意味

kakugen相場格言の一つである「行き過ぎもまた相場」について説明していきます。これは相場の性質としては「反動」というものがあるということを教えるものです。相場が上昇するエネルギーが大きいほど、その後の下落もきついという相場の勢いを示す格言となっています。「山高ければ谷深し」という格言もありますが、これもほぼ同じ意味になります。

バブル相場が生まれて、その後バブルが崩壊すると長期間にわたって相場が低迷するというのも同じことかもしれませんね。

続きを読む

20 April

日本銀行(8301)が上場している理由と日銀株を持つメリットはあるのか?

boj政府の銀行、銀行の銀行とも言われる日本銀行。私たちが普段利用しているお金にも日本銀行券と書かれているように、紙幣を発行しているのも銀行です。この日本銀行ですが、三菱東京UFJ銀行などの都市銀行と同じように証券取引所に上場しており、ネット証券などを通じて日銀の株(正確には出資証券)を買うことができます。

なぜ日銀は上場しているのか?また、実際に取引されているのか?日銀の株(出資証券)を持つメリットやデメリットなどを紹介していきます。

続きを読む