投資信託

投資信託の委託者、受託者、受益者、販売会社の役割

投資信託においては委託者(投資信託委託会社)、受託者(信託銀行)、受益者(投資家)、販売会社(証券会社・銀行)という4者が存在します。意外とこの関係についてこんがらがっている人も多いようですので一度整理しておきましょう。それぞれで担っている役割は大きく異なります。

続きを読む

長期運用に活用できる積立投資・積立貯金商品の比較

長期にわたる資産運用や資産形成において大切な役割を果たすのが「積立」機能を有する投資商品や貯蓄商品です。継続は力なりと言う言葉がありますが、資産運用でも継続して積み立ててためていく、増やしていくということは大切です。今回は多数存在している積立投資や積立貯金商品の紹介とそれぞれの長所、短所などをわかりやすくまとめます。

続きを読む

投資信託の「契約型」と「会社型」の違い

投資信託は大きく「契約型」と呼ばれるタイプと「会社型」と呼ばれるタイプの2つがあります。1998年に法改正が行われ会社型投資信託が認められるまでは契約型投資信託のみしか認められていませんでした。近年ではREIT(不動産投資信託)などで会社型の投資信託(○○投資法人)が出てきていますが、多くの投資信託は「契約型投資信託」となっています。今回は投資信託の「契約型」と「会社型」の違いをまとめます。

続きを読む

相場に乗って売買するブルベアファンド

投資信託の一種に「ブルベアファンド」という投資信託があります。これは、日経平均株価などの動きに連動する投資信託の一種ですが、連動幅が2倍or3倍と大きく、ブル型なら相場と同じ方向に、ベア型なら相場と逆の方向に動くように設計されている投資信託です。相場に乗って売買することで積極的な利益を狙っていくタイプの投資信託です。

続きを読む

投資信託のメリットとデメリット

投資の第一歩として投資信託を検討される方が多いようです。事実、銀行や証券会社などで資産運用の相談を相談すると多くのケースで投資信託を勧められることが多いかと思います。投資信託はメリットのある投資方法ですが、同時にデメリットも多く存在しています。それらをしっかりと理解したうえで投資することをおすすめします。ここでは投資信託のメリットとデメリットをわかりやすくまとめていきます。

続きを読む

不動産投資を手軽に行えるREITのメリット、デメリット

REITとは「RealEstate Investment Trust」の略で、不動産投資信託とも呼ばれます。投資信託の仕組みを使って、多数の投資家からお金を集めオフィスビル等の不動産に投資をして賃料収入等を分配する仕組みになっています。

不動産投資というと多額の資金が必要なイメージがありますが、REITを活用することで小額の資金でも不動産投資が可能となります。

続きを読む

投資信託の「基準価額(基準価格)」と「個別元本」

投資信託の価格の表現方法について学びましょう。投資信託の価格を示す言葉には「基準価額(基準価格)」と「個別元本」という二つの言葉があります。投資信託の現在の価格(時価・評価額)を示すのが「基準価額(基準価格)」、投資家が取得した価格が「個別元本」となります。

続きを読む

低コストで売買しやすいETFとは何か?ETFの特徴、しくみを解説

投資信託の中でも現在売買の主役となりつつあるのがETF(上場投資信託)です。投資信託の一種ですが、証券取引所に上場しており、一般の株式と同じように売買することが可能になっています。投資信託というよりは個別株式と同じような商品性となっています。日経平均やTOPIXなどの小額で手軽に投資できる商品として様々な面で評価できる金融商品です。

続きを読む

分散投資を成功させる3つのポイント

投資におけるリスクを低減させるための方法として「分散投資」という方法は広く知られているかと思います。しかしながら、分散投資はただ単に投資対象を分散させればよいというものではありません。分散させることで「リスクを低減」させることが重要になってくるわけです。今回は分散投資を成功させるためのポイントを3つに分けて説明していきます。

続きを読む

アクティブファンドとインデックスファンドの違い

投資信託は大きく運用方針で「アクティブファンド」と呼ばれるものと「インデックスファンド」と呼ばれるものがあります。単純に違いを説明するとアクティブファンドは市場平均(日経平均など)を上回るパフォーマンスを目標とするファンドで、インデックスファンドは市場平均と連動するように運用するファンドです。今回はこれらアクティブファンドとインデックスファンドの違いやどちらに投資するべきなのかについてまとめて行きたいと思います。

続きを読む