投資信託

29 August

国内上場のETFの種類も豊富に、短期売買向けのETFも。

etf国内で売買できるETF(上場投資信託)の種類が増加しています。また、取引量も増加しており、従来からETFの強みとされてきた中長期保有の分散投資目的だけでなく短期的な値動きを狙った売買が可能だったり、ユニークな値動きをするETFまで種類が増加しています。
今回はこうしたETFの現状についてまとめていきます。

続きを読む

03 July

投資の成否はアセットアロケーション(資産配分)で決まる

アセットアロケーションという言葉を聞いたことがないでしょうか?アセットアロケーションとは資産配分という意味です。資産を異なる複数の資産に配分するという意味ですが、目的はリスクを低減しながら効率的な運用を行うために投資ポートフォリオを複数の異なる資産に配分して運用することを指します。このアセットアロケーションという考え方は長期投資においてはきわめて重要な要素であり、現代ポートフォリオ理論では、投資の成否の約8~9割はアセットアロケーションによるものともされています。今回はこの「アセットアロケーション(資産配分)」という考え方について説明していきたいと思います。

続きを読む

21 June

投資信託を銀行や証券会社の窓口で買ってはいけない

投資の初心者の方や未経験者の方は銀行や証券会社の窓口で投資信託を買ってはいけません。最近は銀行でも投資信託を始めとした投資相談窓口などを開いており、投資についての相談に乗りますよー。といったPRをしていますが、これに引っかかって相談をすると、手数料がバカ高い投資信託を買わされてしまう可能性が高いです。今回はなぜ、投資初心者が金融機関において窓口で相談して投資信託を買ってはいけないかを説明します。

続きを読む

15 May

MRFやMMFは元本割れはしないの?

投資信託の中でも安全性が高いとされる「MRF」や「MMF」ですが、こうした投資信託(公社債投資信託)には元本割れのリスクというものはないのでしょうか?目論見書を見ると、これらの投資信託は元本保証の商品でないと書かれています。それでは、元本割れのリスクはあると言うことなのでしょうか?今回はこれらのMRF、MMFの元本割れリスクについて検証していきます。

続きを読む

15 May

投資信託の目論見書の読み方

投資信託には、法律で交付が義務付けられている書類に「目論見書(交付目論見書)」というものがあります。目論見書は決して読みやすい資料とはいえませんが、投資信託を購入する場合には、一度これらのしっかりと目を通して読むようにしましょう。今回はこれらの目論見書について、どのような点に注目していくべきか、投資信託の選び方とともに説明していきます。

続きを読む

25 April

純金(ゴールド)に投資できる投資信託で手軽な金投資を始めよう

有事の金(ゆうじのきん)と言う言葉があるとおり、金(ゴールド)という実物資産は古来より投資目的でも投資されてきました。金はそれ自身が商業的な価値も有しており、換金性がたかく、一国単位の景気や政治に受ける影響も小さいです。また、インフレに対しても強い資産として知られています。今回はそんな「金に手軽に投資できる投資信託」についてまとめていきます。
また、金への投資に対して投資信託での投資とその他の投資(純金積立など)との特徴・特性の比較も行います。

続きを読む

16 April

ラップ口座やファンドラップ、そのメリットとデメリットを理解しよう

ラップ口座(Wrap Account)とは、金融機関に投資を一任するサービスです。SMA(セパレートリー・マネージド・アカウント)などとも呼ばれます。一つの口座で様々な資産運用サービスが利用可能な口座で、富裕層向けの口座となります。

今回はこのラップ口座の長所、短所の紹介のほか、数千万~数億必要なラップ口座のお手軽版である「ファンドラップ」についても紹介していきます。

続きを読む

15 April

投資信託の委託者、受託者、受益者、販売会社の役割

投資信託においては委託者(投資信託委託会社)、受託者(信託銀行)、受益者(投資家)、販売会社(証券会社・銀行)という4者が存在します。意外とこの関係についてこんがらがっている人も多いようですので一度整理しておきましょう。それぞれで担っている役割は大きく異なります。

続きを読む

29 March

長期運用に活用できる積立投資・積立貯金商品の比較

長期にわたる資産運用や資産形成において大切な役割を果たすのが「積立」機能を有する投資商品や貯蓄商品です。継続は力なりと言う言葉がありますが、資産運用でも継続して積み立ててためていく、増やしていくということは大切です。今回は多数存在している積立投資や積立貯金商品の紹介とそれぞれの長所、短所などをわかりやすくまとめます。

続きを読む

26 March

投資信託の「契約型」と「会社型」の違い

投資信託は大きく「契約型」と呼ばれるタイプと「会社型」と呼ばれるタイプの2つがあります。1998年に法改正が行われ会社型投資信託が認められるまでは契約型投資信託のみしか認められていませんでした。近年ではREIT(不動産投資信託)などで会社型の投資信託(○○投資法人)が出てきていますが、多くの投資信託は「契約型投資信託」となっています。今回は投資信託の「契約型」と「会社型」の違いをまとめます。

続きを読む