投資信託

独立系投信・直販ファンドとは何か?

fund投資信託の中でも近年注目が高まっているのが「独立系投信(直販ファンド)」と呼ばれる投資信託です。通常投資信託は「野村アセットマネジメント(野村證券系)」などのように証券会社や銀行などの大手金融機関の系列の投資信託運用会社が運用を行うことが多いです。一方の独立系投信とはそうした系列に属さない運用会社です。またそうした独立系投信は銀行や証券会社などに販売を任せるのではなく、自らが販売も行う直販スタイルをとっています。今回はそんな独立系投信・直販ファンドの特徴とメリット、デメリットなどを紹介していきます。

続きを読む

1本で世界中の株式に分散投資ができる!おすすめの投資信託の選び方

fund投資や資産運用には興味があるけれども、色々な投資の勉強をするのは面倒だし、何か一つだけ買うとしたら何がいい?投資信託はボッタクリ商品が多いと聞くけど、コスパのいいものもあると聞いた。コストパフォーマンスがいい投信はどれ?といったような質問をよく受けます。今回はものぐさな投資家の方にもオススメな1本買っておけば世界に分散投資できる、お勧めの投資信託を3つピックアップして紹介します。

続きを読む

積立投資と一括投資の比較。それぞれのメリット、デメリット

comparison2株式や投資信託などの投資商品を購入する時の「買い方」については、毎月投資をするという積立投資と、投資可能な資産をまとめて投下する一括投資という二つ(あるいはその中間的な方法)があります。今回はコツコツ投資の積立投資とまとめて購入する一括投資について、それぞれのメリット、デメリットを比較していきます。

続きを読む

銀行、証券会社の間で投資信託を移す(移管)する方法と手続きの流れ、移管のメリット、デメリット

move複数の銀行や証券会社で投資信託などを管理しているような場合は、管理が面倒ですよね。また、「投資信託はSBI証券(投信マイレージサービス)で保有するのが一番お得」などでも紹介しているように投資信託は保有するだけでポイント等の特典がもらえるところも多く、そうしたところで管理するのが一番お得です。今回は、ある証券会社や銀行から別の金融機関に投資信託を移動させる(出庫・入庫させる)手続きのやり方や注意点などをまとめていきます。

続きを読む

投資信託はSBI証券で保有するのが一番お得な理由

sbi資産運用の手段として「投資信託」を選んでいる方も多いことかと思います。そんな投資信託、買う金融機関はもちろんですが、「保有する金融機関」によっても、経済的なメリットが変わってくることがあります。それは投資信託のポイントプログラム(ポイントサービス)です。これは投資信託運用額の0.1%~0.2%を投資家に還元してくれるサービスとなっています。

今回は全ネット証券の中で、私が最もお得だと考えるSBI証券の「投信マイレージサービス」について紹介していきます。

続きを読む

日経平均に連動する投資信託を買う時のおすすめファンドベスト3

chartmoney株式投資でも始めてみようかな?でも個別の株式に投資をするのはちょっと怖いし、あんまり相場を見ることもできないという方にお勧めなのが、インデックスファンドです。

インデックスファンドは市場に連動するように作られているもので、毎日の朝晩の報道でも流れる日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などが代表的です。

今回はそんなインデックスファンドの中でも「日経平均株価(日経225)」に連動するように作られている投資信託の中でもおすすめの投資信託を紹介していきます。日経平均に限らず、投資信託を買うときに注意するべきコスト(手数料)についても触れていきますので、投資信託をこれから始めたいという方の参考になれば幸いです。

続きを読む

株式投資(相場)のタイミングを考える

timing株式投資によってリターンを得る時に、重要な要素の一つは「タイミング」です。たとえば、日経平均は2012年の後半、2013年、2014年と上昇を続けてきました。このような上昇のタイミングを逃さないことが投資において大変重要です。また、2007年、2008年のような暴落時から身を守ると言うことも大切です。今回は株式投資とその投資のタイミングについて紹介していきます。

続きを読む

改めて書くけど、NISAで毎月分配型ファンドを買ってはいけない

nisa2014年のNISAにおいて投資された投資信託が日経新聞調査で本日報道されましたが、上位陣の顔ぶれを見ると毎月分配型ファンドが列をなしています。NISA口座の非課税メリットを享受する上で、こうした「毎月分配型ファンドはダメ」なのですが、その理由を改めて説明していきたいと思います。
ちなみにNISAって何?と言う方は「NISA(ニーサ・小額投資非課税制度)に関するまとめ」をあわせてご覧ください。

続きを読む

ESG投資(ESG銘柄)とは何か?

esgESGは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(統治・ガバナンス)の頭文字をとったものです。この3要素を元に、優れた経営を行っている会社に投資をすることをESG投資と呼びます。
企業がこうしたESGに対する課題を対応すること、また、投資家がそのような企業を投資を通じて応援することで環境問題や社会的な課題の解決、透明性のある資本市場の育成を図るということを目的としています。東京証券取引所では、この要素を満たした銘柄をESG銘柄として選定しています。

続きを読む

新しい積立投資のやり方「バリュー平均法」とは?そのメリット、デメリット

valueinvestment積立投資のやり方として代表的なものの一つに、毎月定額を投資するという「ドルコスト平均法(定額投資法)」は昔から知られています。そして今回紹介する「バリュー平均法」というのは、この積立投資におけるもう一つの運用方法です。今回はこのバリュー平均法とはどのような投資方法でどんなメリットがあり、どういった点に注意が必要なのか?というところをまとめていきます。

続きを読む