ネット銀行比較

おすすめのネット銀行(ネットバンク)を比較していきます。ネット銀行はパソコンやスマートフォンなどを利用して銀行サービスを利用できるだけでなく、一般的な都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行などと比較して、預金金利や振込手数料などの面で競争力のあるサービスを行っていることが魅力です。

また、近年はそれに加えて伝統的な銀行サービス以外の面にも強みがあります。
たとえば、仮想通貨やポイントプログラム、デビットカードなどを利用した決済サービスなどが挙げられます。

 

ネット銀行の基礎知識

ネットバンクの基礎知識では、ネットバンクを利用・活用する上でぜひ押さえておきたいポイントなどを解説していきます。

ネットバンク(インターネット銀行)とは?
オンラインバンキングの種類と特徴
ネットバンキングとセキュリティ対策

 

ネット銀行のメリット1:預金金利が高い

2016年1月に日銀によって導入されたマイナス金利によって、預金金利はかつてない水準にまで低下しています。都市銀行などでは普通預金の金利は0.001%にまで沈んでいます。
100万円で10円の金利が付く計算ですね……。

一方でネット銀行だとまだ競争力があります。たとえば、普通預金であっても「イオン銀行」であれば普通預金の金利に0.12%(2016年7月現在)の金利が設定されています。ネット銀行とはいえども、マイナス金利による金利低下の動きには押されれていますが、金利キャンペーンなども活用さればまだまだ高めの金利の預金を利用することもできます。
※イオン銀行の場合はクレジットカード一体型のキャッシュカード「イオンカードセレクト」の申し込みが必要です。

マネーマガジン(当ブログ)では毎月1営業日時点での預金金利を「ネットバンク金利ランキング(毎月更新)」で比較しています

 

ネット銀行のメリット2:手数料が無料だったりする

私たちが普段銀行のサービスを利用するときに必要になる手数料としては「ATM手数料(時間外手数料)」と「振込手数料」が中心的になるのかなと思います。

そんなATM手数料や振込手数料もネット銀行なら無料だったり、あるいは格安な手数料で利用できる場合が多いです。特にネット銀行では近年ではコンビニATMでの手数料を無料化する傾向があるため、全国どこでも手軽にお金を入出金出来て便利です。

コンビニATMの手数料が無料の銀行

新生銀行
全コンビニATMに加え、都市銀行やゆうちょ銀行のATMも時間外含めて手数料無料で利用できます。ATMの利便性でいえばNo1の銀行ですね。

住信SBIネット銀行
全コンビニATM手数料を月2回以上無料で利用することができます。

ジャパンネット銀行
3万円以上の入出金であればコンビニATMの手数料無料です。

じぶん銀行
auユーザーなら手数料無料です。

 

振込手数料が無料の銀行

住信SBIネット銀行
月に1回~15回まで振込手数料は無料です。無料回数は住信SBIネット銀行のスマートプログラムと呼ばれる会員ステージごとに変わります。ちなみに、ランク2(3回無料)くらいまでなら比較的簡単に達成できます。

新生銀行
月に1回~10回まで振込手数料は無料。新生ステップアッププログラムと呼ばれる会員ステージごとに無料となる回数は変わっていきます。

じぶん銀行
auユーザー限定ですが、月5回までは無料。

 

ネット銀行のメリット3:住宅ローンの金利も安い

ネット銀行はお金を借りるときにも強みがあります。特にマイナス金利政策の実行以降、住宅ローン金利は史上最低水準を随時更新していっています。

マネーマガジン(当ブログ)ではネット銀行を中心に住宅ローンの金利水準を毎月第1営業日に調査・更新しています。詳しくは「住宅ローン金利ランキング(毎月更新)」をご覧下さい。

 

ネット銀行の比較に役立つウェブサイト

ネット銀行選びやその利用においておすすめのサイト。

ネットバンク比較ランキング
マネーナビが運営。ネットバンクをランキング形式で紹介。最新の金利情報やサービス内容の紹介など。

ネットバンク比較 ~ネット銀行を比較・ランキング~
便利でお得なインターネット銀行(ネットバンク)の利便性や特徴、上手に利用・活用するためのポイントなどを分かりやすく説明