貯金・預金

2018年4月 ネットバンク定期預金金利ランキング

2018年4月1日時点のネットバンクの普通預金や定期預金の金利情報をまとめます。

今月は4月ということもあり、新生活を送ることになる社会人の方や学生さんなども、新しく銀行口座を作ろと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。残念ながら、預金金利自体は、日銀によるマイナス金利政策によってかなり低く抑えられている状況が続いています。

金利だけを見れば最善手はイオン銀行または楽天銀行の普通預金という状況が今後も継続しそうです。

普通預金部門ランキング

変動なしです。イオン銀行の普通預金が相変わらず素晴らしいです。定期預金を含めても、これだけの金利を提供する銀行は少なく、マイナス金利となって1年以上が経過してもこれを維持しているというのは賞賛できます。

1位:イオン銀行普通預金 0.10%
2位:楽天銀行 マネーブリッジ 0.10%
3位:住信SBIネット銀行 SBIハイブリッド預金 0.01%

 

定期預金部門ランキング

金利水準はほぼ変動なしです。正直、普通預金の方がマシだという稀有な状況が継続しております。

3ヶ月満期定期預金
1位:じぶん銀行 0.04%
2位:イオン銀行 0.03%
3位:ジャパンネット銀行 0.02%

6ヶ月満期定期預金
1位:ソニー銀行 0.05%
2位:イオン銀行 0.04%
3位:じぶん銀行 0.03%

1年満期定期預金
1位:楽天銀行 0.12%
2位:ソニー銀行 0.05%
2位:イオン銀行 0.05%

3年満期定期預金
1位:イオン銀行 0.10%
1位:大和ネクスト銀行 0.10%
3位:楽天銀行 0.03%

※リンク先はネットバンクの比較サイト(詳細情報)となっています。各銀行のサービスや手数料、金利状況などはリンク先でご確認ください。

 

番外編:短期定期預金シリーズ
通常の定期預金の期間と比べてかなり短い、短期の定期預金金利です。最近では金利の引き下げが続き、こちらに預けるくらいなら今のところ、イオン銀行普通預金が0.12%なのでそちらの方が有利です。

>>新生銀行 2週間満期預金 0.05%(+0.00%)

 

基本はイオン銀行普通預金がおすすめ

個人的にはイオン銀行を推します。イオン銀行の普通預金金利はイオンカードセレクト利用者向けのキャンペーン金利ではありますが、マイナス金利転落前から、マイナス金利後も一貫して0.10%という高い利率をキープしており安定性も高いです。

イオンカードセレクト(クレジットカード)といっても年会費無料なので、とりあえずの運用資金はイオン銀行がおすすめです。

>>イオン銀行公式ホームページ(イオンカードセレクト)

 

4月、新社会人の方が選ぶべき銀行はどこ?

4月ということで、今月は新社会人や新大学生の方などがあたらしく銀行口座を作るならどこ?ってところを最後に簡単にまとめたいと思います。

まだ、一つも銀行口座がないというのであれば、以下の銀行がおすすめです。

 

ゆうちょ銀行

なんだかんだで便利です。全国にATM、郵便局がありますし。ゆうちょ銀行間なら振込手数料も優遇されているので、持っておくと便利だと思います。ただ、会社の給与振込では郵貯はダメというケースも少なくないので、この辺りは注意。

>>ゆうちょ銀行

 

住信SBIネット銀行

ATM手数料や振込手数料無料といった特典が強み。あとは自動振り込み、自動入金などの決済を自動化できる仕組みも高く評価できます。SBI証券と連携しているので投資に興味がある人にも使いやすいです。

>>住信SBIネット銀行

 

今月はこんな感じです。

ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。株や投資に関する情報発信を始めて10年以上、投資歴は15年以上です。実際の経験に基づく役立つ投資やお金に関する情報を発信していきます。