当ブログのおすすめをご紹介します。

2016年11月度 住宅ローン金利比較ランキング

ranking-hl2016年11月1日時点の住宅ローン金利を比較していきます。今月の住宅ローンは全体的に引き下げとなっています。傾向としては長期の固定金利タイプの金利引き下げが目立ちます。ただし、金利の変動幅は緩やかです。直近の金利市場はやや安定傾向にあるのでローン金利も安定していますね。

引き続き、借り換えローンや新規の住宅ローンを組む予定の方には理想的な状況が継続していると言えるでしょう。

スポンサーリンク


※掲載している住宅ローン金利は店頭金利ではなく、引き下げ後の金利を掲載しています。また、固定金利住宅ローンの金利優遇については「一定期間タイプ」の優遇金利を元に掲載しております。なお、団信別、保証料が必要な銀行については金利横に注記を入れております。

変動金利住宅ローンランキング

新生銀行は先月大幅に金利を下げましたが今月は少し戻してしまいました。
1位:じぶん銀行住宅ローン 0.497%(+0.00%)
1位:住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン 0.497%(+0.00%)
3位:ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン 0.49% (+0.00%)
4位:新生銀行住宅ローン 0.50%(+0.05%)

※住信SBIネット銀行は頭金20%以上の場合の金利水準

 

固定金利住宅ローンランキング

固定金利は銀行によって対応がまちまちです。金利引き下げに動いた住信SBIネット銀行とは対照的にソニー銀行は金利引き上げを行っています。

5年固定金利編
1位:住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン 0.44%(+0.00%)
2位:じぶん銀行住宅ローン 0.49%(+0.00%)
3位:イオン銀行 住宅ローン 0.50%(+0.00%)

10年固定金利編
1位:住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン 0.50%(+0.00%)
2位:じぶん銀行住宅ローン 0.50%(-0.01%)
3位:ソニー銀行 住宅ローン 0.742%(new)

35年固定金利編
1位:フラット35(住信) 1.03%(-0.03%)・・団信加算後:1.33%
2位:住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン 1.15%(+0.00%)
3位:ソニー銀行 住宅ローン 1.154%(-0.147%)

※ソニー銀行の金利は10%以上の頭金を入れた場合の金利となっております。なお、「保証料」が必要となる住宅ローンの場合には金利に+0.2%を 上乗せしております。また、団信(団体信用生命保険)のない住宅ローン(フラット35など)については、金利に+0.3%を加算しております。

<<フラット35Sについて>>
省エネなどの基準を満たしたフラット35S対象物件の場合には、5年または10年間、上記金利より金利が-0.3%されます。基準を満たす必要はあります が、満たせる住宅であればかなり有利に住宅ローンを組めます。なお、フラット35Sについては年間の予算がありますのでご注意ください。

※各銀行のリンク先は住宅ローン比較.comの比較ページです。各銀行の手数料やサービス内容なども参考にしてみてください。

 

今後の住宅ローン金利の予想について

今月の住宅ローン金利は据え置き or 引き下げが目立ちました。全体では若干の下落といったところでしょう。9月の日本銀行の金融政策決定会合ではマイナス金利水準にあった10年国債金利を0%程度、プラス圏で推移するように長期国債の買入政策の導入を決めました。

これによって長期金利は上昇しています。一方でこうした政策が住宅ローン金利水準の引き上げにつながる可能性はそこまで高くはないようです。

今後も当面の間は若干の上下はあるでしょうが、低金利水準で住宅ローン金利は推移するものと予想します。

スポンサーリンク