2015年3月度 ネットバンク定期預金金利ランキング

ranking-bank2015年3月2日調査時点のネットバンクの定期預金金利のランキングを発表します。日本の長期金利は2月には反転し上昇に転じましたが、各銀行の預金金利についてはイマイチの反応となっており、むしろ下落傾向にあります。
一部のキャンペーン金利を除いてあまり有利に運用できる銀行はない状況と言えるでしょう。

スポンサーリンク


普通預金部門ランキング

普通預金の金利は前月比変わらずとなっています。イオン銀行の普通預金がもっとも高い水準ですね。むしろ、この普通預金に預けておくと言うのがもっとも現実的かつ効率的な運用方法と言えるかもしれません。

1位:イオン銀行普通預金 0.12%(+0.00%)
2位:住信SBIネット銀行 SBIハイブリッド預金 0.10%(+0.00%)
2位:楽天銀行 マネーブリッジ 0.10%(+0.00%)

 

定期預金部門ランキング

預金金利は変わらず、あるいはわずかに下落しているような印象です。

3ヶ月満期定期預金
1位:じぶん銀行 0.40%(+0.05%・新規口座開設者キャンペーン含む)
1位:大和ネクスト銀行 0.10%(+0.00%)
3位:住信SBIネット銀行 0.07%(-0.01%)

6ヶ月満期定期預金

1位:東京スター銀行 0.20%(+0.00%)
1位:住信SBIネット銀行 0.20%(+0.00%)
3位:ソニー銀行 0.10%(-0.10%)

1年満期定期預金
1位:住信SBIネット銀行 0.20%(+0.00%)
2位:大和ネクスト銀行 0.17%(+0.00%)
3位:楽天銀行 0.12%(+0.00%)

3年満期定期預金
1位:楽天銀行 0.17%(+0.00%)
1位:イオン銀行 0.17%(+0.00%)
3位:セブン銀行 0.14%(+0.00%)

※リンク先はネットバンクの比較サイト(詳細情報)となっています。各銀行のサービスや手数料、金利状況などはリンク先でご確認ください。

 

番外編:短期定期預金シリーズ
通常の定期預金の期間と比べてかなり短い、短期の定期預金金利です。東京スター銀行は満期1週間、新生銀行は満期2週間と短い期間にも関わらずそれなりに高い金利が提供されています。定期預金の金利が低い現状では相対的におすすめの定期預金です。
ただ、両行ともに金利が低く抑えられている状況で、この金利水準ならイオン銀行の普通預金0.12%に預けておく方が有利です。

>>東京スター銀行 スターワン1週間満期預金 0.10%(+0.00%)
>>新生銀行 2週間満期預金 0.10%(+0.00%)

とりあえず、使う予定がないお金やいまの低金利の定期預金には預けたくないという方はこうした預金を利用すると良いかもしれません。

 

来月以降はちょっと金利にも期待?

銀行預金金利は今月はちょっと上がるかと思いましたが、若干期待外れな状況です。
来月は新社会人向けの預金キャンペーンなども始まるかと思います。
そうしたキャンペーンに期待したいものです。

来月以降でちょっと有利な預金が出てくるかもしれませんので、今月の方向性としては短期の普通預金や超短期の定期預金などで資金を寝かせておくのが有利な運用方法と言えるかもしれません。
その上で来月以降で有利な定期預金が登場したら移し替えをしましょう。

スポンサーリンク