当ブログのおすすめをご紹介します。

2015年1月度 住宅ローン金利比較ランキング

ranking-hl2015年1月5日調査の主要銀行の住宅ローン金利を比較、ランキングしています。新年1発目の住宅ローン金利はローン金利の指標となる長期金利の金利が0.3%台を付けるなどさらに低下したことを受けて全般的に金利が低下しています。フラット35の金利が1.47%と初めて1.5%を下回るなど、住宅ローンを検討している方にとってはかなり有利な状況がさらに続いています。

スポンサーリンク


※掲載している住宅ローン金利は店頭金利ではなく、引き下げ後の金利を掲載しています。

変動金利住宅ローンランキング

変動金利は変動なしです。

1位:ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン 0.539%(+0.00%)
2位:イオン銀行 変動金利住宅ローン 0.57%(+0.00%)
3位:住信SBIネット銀行 Mr.住宅ローン 0.65%(+0.00%)

※ソニー銀行の住宅ローン金利は頭金10%以上の場合の金利水準を適用

 

固定金利住宅ローンランキング

フラット35が金利を引き下げ、1.5%を下回っています。また、5年固定、10年固定といった金利も全体的に引き下げています。
※ソニー銀行の金利は10%以上の頭金を入れた場合の金利となっております。

5年固定金利編
1位:住信SBIネット銀行 Mr.住宅ローン 0.49%(-0.02%)
2位:ソニー銀行 住宅ローン 0.793% (-0.06%)
3位:新生銀行 住宅ローン 1.00% (-0.05%)

10年固定金利編
1位:住信SBIネット銀行 Mr.住宅ローン 1.00%(-0.08%)
3位:ソニー銀行 住宅ローン 1.181%(-0.084%)
2位:イオン銀行 住宅ローン 1.10%(+0.00%)

35年固定金利編
1位:住信SBIネット銀行 Mr.住宅ローン 1.72%(-0.11%)
2位:フラット35(楽天銀行) 1.47%(-0.09%)・・団信加算後:1.77%
3位:ソニー銀行 住宅ローン 1.942%(-0.072%)

なお、「保証料」が必要となる住宅ローンの場合には金利に+0.2%を上乗せしております。
また、団信(団体信用生命保険)のない住宅ローン(フラット35など)については、金利に+0.3%を加算しております。

※各銀行のリンク先は住宅ローン比較.comの比較ページです。各銀行の手数料やサービス内容なども参考にしてみてください。

 

今後の住宅ローン関連の動向

あくまでも管理人の考えです。参考情報にどうぞ。

長期金利が0.3%という金利をマークしています。10年国債の平均利回りがこの水準ですので、住宅ローン金利もそれにつられて落ちる形となっています。
なぜ下がっているのか?というのは日銀による金融緩和です。この緩和はすぐに終了するようなものではないでしょうから今後も低金利は維持される見通しです。

住宅ローン(住宅購入)や借り換えを検討してる方にとっては絶好の機会であることは間違いありませんが、消費税再増税が延期された現状で、買いたい家もないのに焦って買うという必要性はさほど高くないと思います。
今後もしばらくは低金利が維持される見通しだからです。

スポンサーリンク