当ブログのおすすめをご紹介します。

2015年1月度 ネットバンク定期預金金利ランキング

ranking-bankあけましておめでとうございます。2015年1月5日調査時点のネットバンクの定期預金金利のランキングを発表します。預金金利に関しては12月のボーナスシーズンのキャンペーン金利も終了となったところが多い上、金利市場全体が低下傾向にあることから預金金利もあまり芳しい状況ではありません。キャンペーンなどが継続している銀行を活用するというのが手になるでしょうか。

スポンサーリンク


普通預金部門ランキング

普通預金の金利は前月比変わらずとなっています。イオン銀行の普通預金がもっとも高い水準となっています。

1位:イオン銀行普通預金 0.12%(+0.00%)
2位:住信SBIネット銀行 SBIハイブリッド預金 0.10%(+0.00%)
2位:楽天銀行 マネーブリッジ 0.10%(+0.00%)

 

定期預金部門ランキング

楽天銀行のキャンペーンが終わりました。静岡銀行インターネット支店やイオン銀行などの金利がやや高めで狙い目でしょうか。

3ヶ月満期定期預金
1位:じぶん銀行 0.15%(+0.00%)
2位:大和ネクスト銀行 0.10%(+0.00%)
3位:住信SBIネット銀行 0.08%(new)

6ヶ月満期定期預金

1位:ソニー銀行 0.20%(+0.00%)
1位:東京スター銀行 0.20%(+0.00%)
1位:住信SBIネット銀行 0.20%(new)

1年満期定期預金
1位:静岡銀行インターネット支店 0.33%(+0.00%)
2位:イオン銀行 0.30%(+0.00%)
2位:楽天銀行 0.30%(+0.00%)

3年満期定期預金
1位:イオン銀行 0.35%(new)
2位:静岡銀行インターネット支店 0.33%(+0.00%)
3位:セブン銀行 0.28%(+0.00%)

※リンク先はネットバンクの比較サイト(詳細情報)となっています。各銀行のサービスや手数料、金利状況などはリンク先でご確認ください。

 

番外編:短期定期預金シリーズ
通常の定期預金の期間と比べてかなり短い、短期の定期預金金利です。東京スター銀行は満期1週間、新生銀行は満期2週間と短い期間にも関わらずそれなりに高い金利が提供されています。定期預金の金利が低い現状では相対的におすすめの定期預金です。
>>東京スター銀行 スターワン1週間満期預金 0.15%(+0.00%)
>>新生銀行 2週間満期預金 0.15%(+0.00%)

とりあえず、使う予定がないお金やいまの低金利の定期預金には預けたくないという方はこうした預金を利用すると良いかもしれません。

 

定期預金金利が下がる…

先月は冬のボーナスキャンペーンなどの影響もあって金利は上がっておりましたが、早期終了となるところも多く、今月はあまり良くないですね。

特に、3カ月や6カ月といった元来よりお勧めしていた短期の定期預金金利が下がってきており、運用の手段がないです。じゃあ、他の運用手段はどうか?と考えても個人向け国債の金利(10年満期・変動)がなんと0.2%というクソ金利でした…。

安定運用を考えている方には厳しい状況ですね。今月は1年満期の定期がある程度高めなので、そこらへんでの運用。あるいは、超短期の1週間満期、2週間満期預金などで運用するというのがお勧めです。

スポンサーリンク