2014年11月度 住宅ローン金利比較ランキング

ranking-hl2014 年11月4日調査の主要銀行の住宅ローン金利を比較、ランキングしています。先月はやや下げ止まりの感もあった住宅ローン金利ですが、11月になってさらに下がってきており、ローン金利は最安値を更新する動きとなっています。今後もこの低金利の流れはしばらく継続しそうです。今月は特に、長期固定金利が下がってきており、ローンの金利変動リスクを考えている人にとっても有利な展開となっています。

スポンサーリンク


※掲載している住宅ローン金利は店頭金利ではなく、引き下げ後の金利を掲載しています。

変動金利住宅ローンランキング

変動金利は変動なしです。

1位:ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン 0.539%(+0.00%)
2位:イオン銀行 変動金利住宅ローン 0.57%(+0.00%)
3位:住信SBIネット銀行 Mr.住宅ローン 0.65%(+0.00%)

※ソニー銀行の住宅ローン金利は頭金10%以上の場合の金利水準を適用

 

固定金利住宅ローンランキング

フラット35を始めとして住信SBIネット銀行、ソニー銀行、新生銀行などが長期の金利を下げてきました。
※ソニー銀行の金利は10%以上の頭金を入れた場合の金利となっております。

5年固定金利編
1位:住信SBIネット銀行 Mr.住宅ローン 0.52%(+0.00%)
2位:ソニー銀行 住宅ローン 0.820% (-0.019%)
3位:新生銀行 住宅ローン 1.00% (+0.00%)

10年固定金利編
1位:住信SBIネット銀行 Mr.住宅ローン 1.08%(-0.04%)
3位:ソニー銀行 住宅ローン 1.176%(-0.014%)
2位:イオン銀行 住宅ローン 1.10%(-0.15%)

35年固定金利編
1位:住信SBIネット銀行 Mr.住宅ローン 1.83%(-0.06%)
2位:フラット35(楽天銀行) 1.61%(-0.04%)・・団信加算後:1.91%
3位:ソニー銀行 住宅ローン 2.094%(-0.035%)

なお、「保証料」が必要となる住宅ローンの場合には金利に+0.2%を上乗せしております。
また、団信(団体信用生命保険)のない住宅ローン(フラット35など)については、金利に+0.3%を加算しております。

※各銀行のリンク先は住宅ローン比較.comの比較ページです。各銀行の手数料やサービス内容なども参考にしてみてください。

 

今後の住宅ローン関連の動向

あくまでも管理人の考えです。参考情報にどうぞ。

日銀の異次元緩和の追加などを見ると今後も金利上昇圧力は「極めて限られたものになる」と予想しています。
今後数カ月というレベルで考えれば今よりも大きく金利が上昇していくという可能性は底まで高くないと思います。そのため、今後も住宅ローン金利はこのような低水準で利用できるかと思います。

それよりも住宅ローン(住宅購入)で考えるべき点は消費税の再増税が挙げられるでしょう。現在は買い手不在の状況が続いていますが、今後これがどうなるかに注目が集まります。

スポンサーリンク