28 January

10万円の少額資本でNISA口座をフル活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

moneyNISAは年100万円までの投資を非課税とする制度です。制度はフル活用したいけど、投資に回すお金は100万円もない。という方のために今回は10万円程度の少額資本で100万円のNISA口座枠をフル活用するための方法をまとめていきます。
本来の長期投資という視点からは外れますが、税金も手数料もかからない※NISA口座は投資初心者の投資入門としてもお勧めです。

スポンサーリンク

※NISA口座内での現物株取引では手数料が無料となる証券会社があります。くわしくはページ内で説明。

NISA口座とは?

NISA口座ってそもそも何?という方は「日本版ISA(NISA)に関するまとめ」をご覧ください。NISA口座とその仕組み、注意点などの基本をまとめています。

基本的には株の売買における利益に対する税金(20%)が非課税となる口座です。株の売買益や配当金収入などのすべてが非課税となります。

 

100万円も投資資金がないという方のためのNISA活用術

原則的にNISAにおける非課税期間は5年間となるので100万円×5年間分=500万円までの投資資金が最大の非課税枠となります。これらを長期投資するというのが基本的なNISA口座におけるお勧めの運用方法です。

しかしながら、100万とか500万とかのそんな大きな資金は持っていないよ。という方も多いかもしれません。今回はそういう方のために10万円くらいの少額の投資資金でNISA口座をフル活用する方法を解説していきます。

少額資金をフル回転させる

NISA口座の非課税枠は消費型です。100万円という絶対枠が常にあるわけではなく、1年間に100万円までが非課税枠となります。つまり10万円の株の売買を10回すればそれだけで非課税枠はすべてなくなります。

資金に余裕がある方はそういう使い方をするのはもったいないと思うかもしれませんが、逆に少額の資金を活用したい方にとってはこまめに利益確定をしても税金がかからないというメリットがあるので、少額資金をフル回転させる方がよいかと思います。

特に証券会社の多くはNISA口座内での株の売買手数料を無料としているところも多いので、完全にコストゼロで株の売買ができることになります。そういった意味では株の初心者の方にもNISA口座を使った少額投資は株の勉強・入門としてもお勧めです。

参考:NISA口座で証券会社比較
ちなみに、NISA口座における株の売買手数料が無料なのは「楽天証券」と「SBI証券」があります。どちらも初心者にもおすすめのネット証券となっています。※リンク先は詳細情報サイトです。

少額投資に適した投資商品(株)

・ETF
日経平均やTOPIXといった指数に投資ができるので投資初心者におすすめ。より短期で結果を出したいなら通常の2倍の値動きがあるレバレッジETFや、相場の逆張りができる(相場下落で利益が出る)インバース型ETFなどもあります。
ETF投資については「ETF投資講座 -初心者でもわかるETF情報サイト-」などもぜひご一読ください。

・個別株式
個別株式でも最近では売買単位が小さくなるなどして投資しやすくなっています。2014年1月28日現在、東証一部、10万円以内で買えて、配当利回りで2%以上ある株は約160銘柄あります。決して少なくはありません。

こうして、ETFや株などに少額投資をして、短期間に回転させるという方法があります。
NISA口座内でNISA口座内での手数料無料証券会社で株を売買すれば株価が1円でも上昇すれば利益になるわけです。

株式投資って難しいというイメージがあるかもしれませんが、実際に試してみるのが一番です。NISA口座ならコストが小さいので手軽に始めることができるというのも魅力といえそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事

10万円の少額資本でNISA口座をフル活用する方法を読まれた方は以下の記事も読んでいます。



SNSでもご購読できます。