株の売買にかかる手数料

株式を売買するとき、投資家は売買手数料として証券会社に対して手数料(株式売買手数料)を支払う必要があります。このほか通常投資家が現物株取引をする際、証券会社に対して支払う手数料には「口座維持手数料」があります。今回は株の売買にかかる手数料の種類やしくみについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


口座管理手数料(口座維持手数料)

今でも、ごく一部の大手証券会社では、口座管理手数料という形で年間数千円程度の費用がかかるところがあるみたいですが、最近ではほとんどのところが無料です。ネット証券でこの口座管理手数料がかかるところはありません。
また、ある場合でも特定の条件を満たせば無料ということがほとんどなので、この手数料を気にする必要はないでしょう。

 

株式売買手数料(委託手数料)

株の売買をするときにかかる手数料です。
株を買うときや売るときに発生します。通常は売買代金の○%というような形や50万円~100万円までは○円という形で設定されるのがほとんどです。

ちなみに、大きく取引の都度手数料が発生するタイプと、一日の総取引額に応じて手数料がかかるタイプの二種類があります。

これはどちらがお得ということではなく、取引スタイルによって変わってきます。

たとえば、売買の都度手数料が発生するタイプは
1回あたりの取引金額が大きい方や1日の売買回数が少ない方にお得になっています。

一方の、一日の売買高に応じて手数料が発声するタイプは
1回たりの取引金額が小さい方や、1日の取引回数が多い方にとってお得になっています。

このあたりは「証券会社の売買手数料はどのタイプが有利?」なども参考に自分の投資スタイルに合った証券会社を選ぶようにしましょう。どちらの手数料タイプが絶対にお得ということではありません。

スポンサーリンク