当ブログのおすすめをご紹介します。

日本で買える金貨(地金型金貨)の種類と特徴

coin金貨(地金型金貨)とは、純金製の金貨のことを指します。デザイン性が高いことなどからプレゼントなどにも選ばれることがありますが、投資(実物投資)として金貨(地金型金貨)を買う投資家も多いということです。今回はその入門ということで、日本国内でよく買われている金貨(地金型金貨)を見ていきます。

スポンサーリンク


地金型金貨って何?

地金型金貨というのは、金貨の中でも価格が「地金価格(市場価格)+加工費等のプレミアム」で発行されているタイプの金貨です。その金貨自身に含まれている金の市場価格に近い金額で時価取引されるのが一般的です。
地金(Gold)としての価値を有するため、他の収集型金貨(記念金貨など)と比べると資産的価値が高い金貨となります。

地金(バー)と比べると少し割高な面もありますが、購入時に手数料(バーチャージ)がかからないことや、地金よりも小額から始められること、コイン1枚単位で売買できるという手軽さが魅力といえます。また金貨(コイン)として絵柄も楽しく収集できる価値もありますね。

コレクター的な要素といえば、オリンピックなどの記念時などに発行されることが多い記念金貨もあります。こちらは販売価格が地金価格よりも割高なことが多く、地金型金貨よりも割高です。一方で収集的な価値(コレクター的な価値)はより高いと言えます。

ただ、一般的に資産として金貨を保有するというのであれば地金価格との連動性が高い「地金型金貨」が利用されることが多いです。中でも世界的に代表的な金貨は下記のものがあります。

 

メイプルリーフ金貨

カナダ王室造幣局が発行する金貨です。カナダは世界でも有数の金産出国でメイプルリーフ(楓)のレリーフが特徴的です。

 

ウィーン金貨ハーモニー

オーストラリア造幣局が発行する金貨。音楽の都と呼ばれるウィーンということで還元楽器がレリーフとなっています。

 

カンガルー金貨

西オーストラリア州政府公営のパース造幣局が発行する金貨です。表面には英国の女王エリザベス2世の肖像、裏面にはカンガルーがレリーフとなっています。

 

金貨はどこで買えるの?

金貨は「田中貴金属」「三菱マテリアル」などの地金を扱っている会社を通じて購入することができます。

 

金貨の単位とサイズについて

金貨の単位は「トロイオンス」と呼ばれる重さによる単位になります。
1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンスといった具合です。なお、1/10トロイオンスはおおよそ3gとなります。

 

金貨の場合、保管も重要

金貨は加工のためのコストがかかることなどから、地金と比較して多少割高になります。ただし、売却する時もその加工プレミアムは乗るので必ずしも損をする都いうわけではありません。ただし、雑に保管して金貨に傷や凹みなどがつくと価格が下がってしまいます。しっかりと保管をするようにしましょう。専用のケースがありますのでそれに入れて保管していれば大丈夫です。

ただし、傷がついたとしても、地金としての価値があるため、価値の劣化は記念金貨などと比べると低いのも地金型金貨の特徴と言えます。

 

金貨投資の注意点、デメリット

あくまでも金貨を保有することは資産の「運用」にはならないということです。
もちろん、金価格の上昇によって利益を得られる可能性はありますが、保有することでインカムゲイン(利息など)を得ることはできません。

 

スポンサーリンク