投資信託

投資信託の「基準価額(基準価格)」と「個別元本」の違いと意味

投資信託の価格の表現方法について学びましょう。投資信託の価格を示す言葉には「基準価額(基準価格)」と「個別元本」という二つの言葉があります。

投資信託の現在の価格(時価・評価額)を示すのが「基準価額(基準価格)」、投資家が取得した価格が「個別元本」となります。

今回はこれらの二つの投資信託(ファンド)の価格を示す基準について投資初心者の方にもわかりやすく紹介していきます。

基準価額(基準価格)

基準価額と基準価格という二つの名前がありますがどちらも同じ意味でつかわれます。投資信託の用語としては「基準価額(きじゅんかがく)」が正式なのですが、日経新聞をはじめとした新聞などでは同じ意味で「基準価格(きじゅんかかく)」と表現しています。

混乱しやすいですが、どちらも同じ意味です。

毎日、新聞で投資信託の前日の基準価額が掲載されています。投資信託は、保有している投資商品の価格が日々変動するため、一定の時刻において締めて、時価評価する必要があります。その価格が基準価額がとなるわけです。

投資信託を買ったり売ったりするときの価格もこの基準価額で取引されます。

新聞等に載っている基準価格は過去の値段

ちなみに、新聞などに掲載されている投資信託の基準価格は過去(前日)のものです。

たとえば、仮に今日、その投資信託を買おうとする場合の価格がいくらになるのかは、わかりません。投資信託の売買はブラインド方式といわれており、売買注文を出すときに、いくらで買えるか?というのは分からないようになっています。

なので、いくらで売れたのかは後になってみないとわからないようになっています。

個別元本

個別元本というのは、当該投資信託の「取得価格」をさします。

要するに買った値段のことですね。ちなみに、平均取得価格で、同じ投資信託を複数回に分けて購入した場合は、口数の加重平均された価格が個別元本となります。

この個別元本よりも現在の基準価額が高ければ含み益が出ている状態で、逆なら含み損を抱えている状態となるわけですね。

個別元本が増減することがある?

通常、個別元本は買った時の値段なので変動することはありません。

ただし、一つだけ例外があります。それは基準価額が個別元本を下回っているにも関わらず、分配金(収益分配金)が出るケースです。

毎月分配型ファンドなどによくあるケースで、個別元本が基準価額を下回っている(つまり含み損がでている)状態で、収益分配金が出る場合、その分配金は「特別分配金」といって税務上は分配金ではなく、元本の払い戻しとみなされます。

なので、分配金は非課税となりますが、分配された金額分だけ、個別元本が小さくなります。

このあたりについての詳細は「投資信託と分配金の税金」で詳しく説明されているのでそちらもご参照ください。

投資信託の値段について

ここまで、基準価額と個別元本という二つの投資信託にかかる値段について紹介してきました。この説明で至らないこと、わからないことがあれば、ぜひ個別にメールをください。記事をブラッシュアップいたします。

 

ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。