投資全般・コラム

三割高下に向かえの意味

相場格言の一つに“三割高下に向かえ”というものがあります。この格言は株などを売買するときのタイミングについて指摘するものです。買った株について、3割(30%)上昇すればとりあえずは利食い(利益確定)をしなさいというもの。もう一つの意味は、高値から3割(30%)も下がった株であれば、買ってみてはどうか?という意味になります。

この3割という部分は正直言って明確な意味があるわけではなく、この格言は買いのタイミング、売りのタイミングについてルールを決めておく重要性を述べています。

買うタイミング、売るタイミングを機械的に判断するのも手

相場においては、売買のタイミングをある程度機械化しておくというのは有効な手段です。

三割高下に向かえという格言は

  • 買って3割上がったら売っていいんじゃない?
  • 下がっている株は3割下げたんなら買ってもいいんじゃない?

という意味の格言になります。

一方で相場格言の中に“落ちるナイフをつかむな”という格言もあります。

高値から株価が大きく下落しているタイミングで買うのはリスキーで底を打ったことを確認してから買うべきという教えもあります。両方を判断しながら上手に売買に活かしてください。

 

ABOUT ME
money-magazine
マネーマガジンの管理人です。株や投資に関する情報発信を始めて10年以上、投資歴は15年以上です。実際の経験に基づく役立つ投資やお金に関する情報を発信していきます。