ネットバンク(インターネット銀行)とは?

ネットバンク(インターネット銀行)とは、インターネット上のウェブサイトで様々な銀行サービスを提供している銀行をさします。一般的な銀行(都市銀行・地方銀行など)とは異なり、自前の店舗(支店)を持たず、すべてのサービスをオンラインで提供する銀行です。店舗を持たないため、人件費や店舗費などを抑えることができることから、その一部を預金者に還元する形で高い定期預金金利や、安い手数料などのメリットがあります。

スポンサーリンク


ネットバンクと普通の銀行との違い

それでは具体的にネットバンクと普通の銀行にはどんな違いがあるのでしょうか?

・通帳を発行しない

一般的にネットバンクは通帳を発行しません。通帳を発行しないならどこで預金を確認するの?と思われるかもしれませんが、そこはネットバンクですので、ネット上で確認が可能です。もちろん、残高や取引明細などはプリントアウトして印刷することも出来ます。
私自身もネットバンクを使いますが、通帳がないということで不便を感じたことはないですね。

 

・高金利の普通預金・定期預金金利

ネットバンクの大きなメリットがこの金利ですね。普通預金や定期預金などの預金金利は、一般的な都市銀行や地方銀行の金利と比較して大きなアドバンテージがあります。具体的なネットバンクの金利については「ネットバンク金利ランキング」で毎月最新の定期預金金利を更新しているのでこちらも参考にしてくださいね。

 

・安い振込み手数料をはじめとした手数料

ネットバンクでは、オンライン取引の利点を活かした安い手数料も魅力です。たとえば、いくつかのネットバンクでは振込手数料が無料となる銀行もあります。この他にもコンビニATMの利用手数料が無料など、コスト面でも優れています。
ネットバンクは自前のATMを持ちませんが、最近ではコンビニATMとほとんどのネットバンクは提携しており、コンビニATMが手数料無料で使えるので入出金の面でも不満はないです。

 

・インターネットを使った便利なサービスが多い

ネットバンクは「インターネット」を活用した便利サービスが豊富です。ネット上で残高照会や振込みなどの手続きが簡単に出来るといった手続き面はもちろん、相手の銀行口座にメールアドレスだけで振込みができるサービス(メルマネ)や、特定の口座に毎月自動的に定額を振込してくれるサービス(定額自動振込サービス)など各銀行が様々なサービスを提供しています。

 

便利なネットバンクをぜひご活用ください

ネットバンクは実際のところ使ってみるととても便利です。預金金利はもちろん、手数料などのコスト面も大きく抑えることができます。
一回一回の金額はさほど大きくないかもしれませんが、つみあがっていくと実に大きな金額となります。

ネットバンクも日々進化しており、どんどん便利なサービスが増えていっています。私はネットバンクが登場したころくらいからネットバンクを活用していますが、当時と比較すると格段に使い勝手やサービスの質も向上しています。

こんな便利なネットバンクをぜひご活用ください。

 

参考:ネットバンクとは何か?

スポンサーリンク