当ブログのおすすめをご紹介します。

キャッシング・カードローンで金利負担を最小する方法

card急な資金ニーズに活用できるキャッシングや銀行カードローン。金利も高いためできれば使いたくないものですが、どうしても必要な場合には頼らざるを得ないケースもあるでしょう。
そうした時に、できるだけ金利負担を低く抑えるためのコツやポイントをまとめます。ポイントは「最大限の融資枠(利用限度額)を獲得する」ことです。できるだけ多くの融資枠を得ることで適用される金利が小さくなるのです。

スポンサーリンク


カードローンの金利の幅はどうやって決まる?

こうした無担保融資はたくさんの会社がサービスを提供しています。それぞれ、少額なら所得証明なども不要で状況によっては即日融資も利用可能なので助かるのも事実です。
その一方で、できるだけ金利負担を小さくしたいのであれば「できるだけ1か所でまとめて借りる(融資枠を得る)」という方法がお勧めです。

その理由は金利です。よく「金利4.6%~14.6%」などと書かれていて幅があるのを目にすることが多いかもしれません。中には最低金利が2%台となっているようなカードローンもあります。

この幅は何なのでしょうか?

 

貸出金利は「融資枠」の大きさで決まる

答えはこれです。たとえば三菱東京UFJ銀行のカードローンの場合、融資枠は「10万円~500万円」、貸出金利は「金利4.6%~14.6%」となっています。これは、融資枠10万円なら金利は14.6%、融資枠500万円なら4.6%という意味になるわけです。

ここで注意したいのは適用される金利が「融資された金額」ではなく「融資上限(融資枠)」となっている点です。
つまり、同じ10万円を借りたいという場合も融資枠が10万円の人なら14.6%の金利がかかり、融資枠が500万円ついている人なら4.6%の金利で済むということになるわけです。

ということは、できるだけ大きな融資枠を獲得しておく方が同じお金を借りる場合でも有利ということになります。

 

融資枠を大きくする方法は?

それじゃあ、具体的に大きな融資枠を獲得する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?いくつかのポイントをまとめます。

  1. 借りるところは1か所に絞る
    まず、銀行などはその人に対する「与信総枠」を見ます。年収などからこの人には300万円までなら貸せる、と判断した場合でも他社で100万円の枠を2つとられていたら、その銀行は100万円までしか貸せないということになります。
    もしも、使っていないカードローンやキャッシングなどの枠があればまずはそれを解約します。可能であればクレジットカードのキャッシング枠も削った方が良いでしょう。
  2. 事前に準備しておく
    大きな融資枠を獲得するには収入を証明する書類などの提出も求められます。この書類を提出しないと大きな融資枠を得ることはできません。大きな融資枠を得るなら収入証明書は必須となるでしょう。

こうした限度額(融資枠)については、申込者の年収や他のローン状況、これまでの利用実績なども加味して判断されることになります。そのため、一概にどれだけの利用限度額が得られるかは分かりませんが。できるだけたくさんの利用限度額をもらえる方が圧倒的に有利になります。

スポンサーリンク